ここから本文です

バンドを組んでいて担当はベースです。 今度、半音下げの曲をやるのですが 半...

nic********さん

2012/4/2623:28:05

バンドを組んでいて担当はベースです。

今度、半音下げの曲をやるのですが
半音下げすると弦のテンションが少なくなりますよね?

それに今回の曲はテンポが早いので弦がゆるゆるだと弾きづらいです。

そこでレギュラーチューニングと同等のテンションをかせぐには
どれほど弦のゲージを上げればいいのでしょうか?

また、みなさんはどのような対策をしていますか?

回答おねがいします。

補足僕は普段45~105の弦を使っています。

閲覧数:
1,532
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mom********さん

編集あり2012/4/2713:30:16

半音下げチューニングならば、そのまま今の弦を使うことをオススメします。

この先、ずっと半音下げチューニングでやり通すのであれば、太いゲージに変えるのもいいでしょうが、レギュラーチューニングにした時に弾きにくくなるのでおすすめしません。
また弦のゲージ(太さ)を変えるということは、ネックにかかる力も変わってくるのでネックの調整もする必要があります。
ナットの溝を太くしたら、元のゲージに戻したときにユルユルになる可能性があります。

そもそも半音下げ等のチューニングでやることの目的は、低い音を出すことではなく、チューニングを下げることでテンション感をゆるくし、重たいサウンド(雰囲気)を出すことが目的なのです。
ですから、太いゲージにしてテンション感をあげることは本来の目的と違ってきます。

現在のゲージで半音下げチューニングをして、ゆるんだ弦が暴れ過ぎないように力を抜いて弾くようにしてみてください。
弱く弾いた分の音量低下はアンプで補ってください。

きっと力を抜いて弾いた分だけキレイな倍音が出ているはずです。
その代わり、力を抜いて弾き続けるにはそれ相応の努力が必要です。

テンションゆるゆるの弦でヘビーなサンドを出してください!

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

olo********さん

2012/4/2700:10:24

1音下げ以上ではさすがにテンションがゆるすぎですが、半音下げ程度ならばピッキングをブリッジ寄りでしてます。1度試してみてください。また、ゲージを上げるとナットのみぞを広げないと弦が入らないこともあるかもしれませんので、それをやってしまうと元に戻せません。ベースの弦代も馬鹿になりませんからね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる