ここから本文です

朝まで生テレビin沖縄の感想を教えて下さい。 本日朝まで生テレビで沖縄基地問...

アバター

ID非公開さん

2012/4/2806:01:41

朝まで生テレビin沖縄の感想を教えて下さい。

本日朝まで生テレビで沖縄基地問題を取り上げていました。

私は沖縄に住んだこともあり、沖縄の人々がかなり実害を被っていて、痛みを我慢し

ていることを知りました。沖縄の方の多くが基地反対派であり、県外移設を求めています。本当に日常生活レベルで嫌な思いをたくさんしているので、アメリカを嫌い、米軍を憎むのはよくわかります。
自分も県外移設派です。


ですが今回の放送では、
基地反対派の勉強不足の面が見えてしまった気がします。

一つは抑止力について
二つ目は仮に米軍がいなくなった場合の防衛について


沖縄にいると米国米軍への敵対心は生まれるのですが、中国の脅威を語る人はほとんどいません。自分のまわりには…ですが。

でも尖閣諸島のこともあり、中国の脅威は真剣に考えなければなりませんよね。

沖縄は中国台湾から狙われている現実から目を背けることは危険なことだと感じました。

また米軍がなくなった後自衛隊配置も拒否なのは驚きました!

自分は実家が自衛隊基地の近くで、自衛隊ファミリーが住まうことで助かることがたくさんあります。
彼らは謙虚で、米兵みたいに調子に乗って街を荒らすこともないし、犯罪を犯した場合は日本国の法律で裁かれます。
自衛隊と米兵は全然違うのに、そこまで拒否反応が出るのか、ということに驚くと伴に、それも当然か、という気もしました。

ですが、国防に関して全て拒否では通らないはずです。

最後に独立の話しが出てましたが、あれも沖縄人的には想定外だったようですね。
当然です。沖縄在住中に独立の話題なんて聞いたことないです。少数派の政党がポスターで訴えてるくらいで。

でも米軍もNO、自衛隊もNOでは島々を守ることができませんよね…

沖縄の方々の気持ちを考えると、とても難しいですがら、近年の中国の脅威を考えると、沖縄の防衛をより真剣に考える必要があると思います。

前泊教授は感情論で、専門的知識が欠如していましたね。あれは残念でした。

沖縄代表側にも客観視できている人をまぜてほしかった…

皆さんはどう思いましたか?

補足みなさんご感想ありがとうございます!興味深く拝見させていただきました。
やはり今回は無知な輩ばかりの人選ミス、田原氏の力不足が無意味な議論を生んでいたようですね…
沖縄人が日本全体のことを考えてないという指摘は、残念ながら図星かと思います。また中国対米国の意見を聞きたいというのも同意です!そこが肝心ですよね。
沖縄の独立なんて到底無理です。元々日本と中国への二重藩属を上手いことやってた国ですから

閲覧数:
3,027
回答数:
22
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2012/5/315:33:44

県民です。まずメディアによって誤解されてますが沖縄県民のほとんどが基地反対というのは嘘です。それと日常生活レベルで嫌な思いなんて99.9%の人はしていません。しかし沖縄のマスコミなどは全て反米左翼の親中です。徹底的に米軍批判します。米兵がおこした交通事故をトップニュースにして県民による殺人事件などはあまり報道しません。そんなマスコミの信頼を得ている人達が県民の代表としてTVなどに出演されているのでしょう。基地反対派のトップ連中ってその多くがもともとは沖縄に住んでいなかった人たちです。沖縄を利用している連中とそんなバカな反米左翼に騙された一部のアホ県民が反対しているにすぎません。自衛隊もNO米軍もNOなんていう団体をマスコミは「市民団体による抗議」として報道していましたが奴らは市民団体ではないですよ。マスコミがあたかも県民総意で反対しているかのように報道しているだけです。実際私の周りには家族や親族や友達も誰も軍事力をもつことに反対している人いません。戦争を経験した祖母でさえも米軍駐留は反対してないです。中国の脅威を感じている人も多いですし。祖母は言ってました「今の日本は平和ボケしてるね~米軍おいだそうとして。もう一回戦争こないと平和ボケなおらんはずね。」って。あなたの記載に「沖縄人が日本全体のことを考えてないという指摘は、残念ながら図星かと思います」とありますがこの記載をみて本当に残念です。反米左翼の沖縄マスコミが流す嘘が「真実」だと広く認識されているってことでしょうね。マスコミの嘘にみんなが気づいてほしいっていうのが県民である私の意見です。実際沖縄では基地容認派による大規模デモ行進などもおきていますよ。「中国の脅威に気づいて下さい。日米安保は日本の命綱。基地反対は県民の総意ではない。マスコミの嘘に気付いて下さい。日本を破滅させようとするマスコミは絶対許さんぞ。」ってな感じでデモおきてます。しかし反米左翼のマスコミは報道しないし新聞の片隅にすら掲載しないし容認派による行動を取材しません。反米左翼組織にとって容認派の存在は都合が悪く基地容認派が大勢いる事実を伏せる為に報道もなし取材もなしなのです。基地容認派による大規模デモより基地反対派による4~5人での基地周辺での座り込みをトップニュースにするような連中ですよ県内マスコミは。沖縄の新聞やTV報道は反米左翼に独占されています。情報が新聞やTVのみの率が高い年配の人たちほど米軍は悪!軍事力は悪という意見の人が多くなっていく傾向にあると思います。沖縄の新聞やTVでは徹底的に米軍批判して中国最高みたいな報道しかしてませんから。アメリカ人に知り合いがいる人やネット環境などがある人ほど米軍批判している人は少ないですね。情報が偏らないので。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/21件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oki********さん

2012/5/601:57:46

ん?TVに翻弄されてる方々がこんないっぱい・・・
大丈夫?
朝生だよ・・いつも真に受けてるの?
数人の討論で、沖縄の見解が変わった?沖縄の総意?だれだれには残念?
まともな答えが出るわけないのに、TVみて結論出して大丈夫?
アメリカとTV局がただ笑ってるだけだよ?
TVで自分の考えが変わるの?
基地問題と独立派を絡ませた、ただの釣りTVって見えないの?

meg********さん

編集あり2012/5/601:02:25

ここにお書きになった皆さんには、大変申し訳ないですが、あえて水かけさせてもらいます。田原さんは、依然、どこかのインタヴューで「朝生は、政治話のバトルロイヤルをやる」って言ってましたよ。つまり、話を混ぜっ返すというわけです。ま、テレ朝の思想宣伝に付き合ってもしょうがないと思いますがね<笑>。あっ、そうそう、沖縄の話でしたが、あそこの話は、日本のみならず、アメリカ、中国など、大国の攻防の話になりますので、われわれ下々の人間には手に負えないので、謹んで傍観する以外には、ないのではないでしょうか。勿論、下々とは、テレ朝や田原氏も含みます。

pee********さん

編集あり2012/5/315:29:13

この番組は生放送で拝見しました。ただ、番組出演者(一般参加含む)や番組構成、番組進行とも近年稀にみる偏向歪曲な内容でした。(琉球朝日放送の三上智恵アナは沖縄ではなく東京出身者ですね)まずは番組製作者に厳しく猛省をしていただきたい。以下私の考えを述べてみます。
①「抑止力・防衛力と日本周辺国の危険性」
まず国家の抑止力・防衛力としての軍備は相手国の「意思」(国家政策)ではなく「能力」(軍事力)に備えるものです。
番組で「非武装中立」発言がありました。仮に日本が「中立国」を維持するなら、「不参加」と「不遍」の中立要件を積極的に維持する義務が生じます。つまり「中立」とは第3国が認めて初めて成立するもので、日本が自身で宣言も成立しません。戦争当事国Aが日本の領土の部隊通過、基地の利用を強行して利益供与を受けた場合、その時点で戦争当事国Bは日本の中立を尊重する理由がなくなります。なので自力で排除する軍事力が必要とりなります。
また、日本は周辺国との全ての国境が確定していない極めて特異で危険な状況にあります。周辺国同士の紛争も解決していません。日本に好意的でない国が複数存在するのも確かです。沖縄に基地が集中のは、軍事戦略上・地政学上の存在位置の宿命です。沖縄は「国境」の島なのです。
②「米軍再編・ローテーション化」
現在米国は軍事力の削減を強いられています。そこで「オフショア・バランシング」という概念を実行して、「米国の都合」による戦力の再構築をしています。米国は「南シナ海」を正面とする「エア・シーバトル」という軍事戦略を構築し、海兵隊のローテーション配備が開始されています。ローテーション化で部隊移動しますが、「本籍」(海兵隊家族、部隊訓練施設)はあくまで沖縄です。
③「戦略なき基地返還交渉」
まず米空軍(嘉手納基地)。沖縄から空軍の米軍基地が無くなることはありえません。しかしながら空軍と海兵隊の嘉手納統合案の失敗は完全に米国のお家事情によるものです。次に海兵隊の「本籍」(家族施設・部隊訓練施設・射爆場)。まず、現状のままでは「普天間」は永久に固定です。そこで着目すべきは、海兵隊のローテーション化です。よく米国は訓練施設が沖縄に無いと部隊の錬度を維持できないと言っています。この理屈どおりだとすると、ローテーション化されて「本籍」を沖縄とした「部隊」を他国へ駐留させる海兵隊の錬度は維持できなくなる筈です。これは全くの米国の詭弁で日本の沖縄に「本籍」がある合理的理由は無いのです。沖縄の「本籍」が無くなり海兵隊のローテーション「部隊」(嘉手納基地へ統合)のみになれば、施設数、面積とも劇的に削減でき本土並みになる筈です。
④「米兵犯罪と日米地位協定」
まずは③で述べた米軍の縮小(嘉手納統合)を日本政府・沖縄の人々が一丸とって成し遂げ、米軍部隊(特に海兵隊)の絶対数を縮小させて、犯罪の絶対数(分母)を減少させることです。日本人の犯罪も「法律」(刑法)をもって完全に抑止できないのと同じで、「日米地位協定」を完全に平等にしても米兵の犯罪発生そのものを完全に抑止することはできません。
また、「日米地位協定」は平等条約ではありませんが、他国(アジア・ヨーロッパ諸国)と比べて、最も相手国の権利を認めた内容となっています。更に日本側権利拡充するは、「基地」そのものの返還よりハードルの高い交渉となります。
⑤「憲法とはそもそも何か」
まず、憲法第9条第1項。何らかの平和条項を憲法に謳っている国は、世界のほぼ全ての国に見られます。特に日本だけ特別ではないのです。次に、憲法第9条第2項。これは非常に困った状態です。現実には諸外国の基準で「軍隊」に相当する実力組織である「自衛隊」が存在しています。本来は憲法で、この(軍隊)自衛隊の指揮運用範囲を明確に定めなければならないものです。そもそも憲法とは、「国家」(広い意味で公務員)が「国民」に対して好き勝手なこと(一般国民に対しての悪事)をしないように、国家の行動を何重にも縛る契約書のことです。(なので憲法は、一般国民が守ることもできないし、憲法を破ることも出来ないものです)
現在、憲法外の存在の自衛隊を憲法上放置することはとても危険な状態なのです。
⑥「先の大戦の凄惨な地上戦と米軍占領体験」
沖縄における戦闘経過、その被害は精密に検証され、後の日本人の全ての記録・記憶として語り継がなくてはなりません。同時に沖縄だけが戦争・戦災の被害で肉親を失った訳ではない事も学ばなければなりません。特に沖縄の被害を訴える場合には、本土の「空襲・原爆」の被害を踏まえ抑制して訴えるべきです。しかしながら、沖縄の今日の現状の根本原因は全て日本が「戦争負けた」からで、日本が「戦争を始めた」からにほかなりません。

tal********さん

編集あり2012/5/200:44:21

大田の、自衛隊=前大戦での沖縄戦被害を一緒にする筋違い発言。前泊の陸、海、空自衛隊が全都道府県に基地がある事も知らずに基地がない都道府県があるとの無知発言やアメリカが武器を売るから戦争が起きると言うお花畑発言、糸数や平和ボケ沖縄県民の自衛隊配置拒否まで明らかになるなど沖縄県民の平和ボケがさらに分かる内容でした。基地を抱えてるのはてめぇらだけじゃない!被害者面するな!と思いました。さらに森本さんや田原さんに間違いを指摘されても、逆ギレしたり、話題を変えようとしたり黙り込む前泊やすぐに前大戦の事を持ち出す大田に飽きれました。そんなにアメリカ軍基地や自衛隊基地が嫌なら遠慮せずに日本から独立して非武装中立になり中国に攻撃されて全滅しろと思いました。日米安保の維持や日米関係の足を引っ張る沖縄など日本は必要としてない。沖縄は日本の一部だと言う話に違うと喚いた馬鹿な女もいた事だし。自分は姉が沖縄の人と結婚し、今は福岡に住んでますが、義理兄の母親やお姉さんが沖縄にいる為他人事と思えなかったのですが、この放送で完全に沖縄県民が嫌いになりましたね

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

hin********さん

2012/5/102:04:45

まず質問者の沖縄の人の多くが基地反対派という意見に異議があります。

私が聞く限り賛成反対は半々です。

ですが反対の人たちの方が声が大きく平気で嘘をつき、敵意むき出しになる。 だから賛成派は声が小さくならざるを得ない。

この番組でもその一面が垣間見えたように思います。

まず辺野古生まれ辺野古育ちと言っていた土建屋風のおじさん(確か東恩納氏)、実際には名護市議でそのホームページには全く違う生まれ育ちになっています。

さらに前泊とかいう琉球新報かなにかの出身の教授の教え子達が多数。 大きく偏っていると言われている沖縄のマスコミの人選のようです。


それとこのテレビで非武装中立の話が出ていましたが、同じくほぼ非武装中立で虐殺されまくり、未だにその惨状を世界に訴えようと若い僧侶達の焼身自殺が続いているチベットやウイグルの問題を沖縄の人たちがどのように感じているのかを取り上げないのはあまりにもおかしいと思いました。

太田元知事の発言に対しても不思議に思ったのは、彼は戦中のことを語っていましたが、それは逆にそれだけ沖縄が地政学的にも戦略上も狙われやすい場所である裏返しであるのに誰もそのことを突っ込まないのはなぜなんでしょうか?

沖縄の左系の知識人他プロ市民と思われる人々の訴える方向にも大きく疑問を憶えます。

国家は国民の生命と財産を守る責務がある以上、このような環境にある沖縄にある程度の基地負担はお願いせざるを得ないというのはある意味しょうがないと思うんですが、それでも基地反対、憲法九条改正阻止を訴えるのならばなぜそのような風にせざるを得ない元凶の中国や朝鮮、ロシアなどに対して「お前らのせいで沖縄に基地があるんだ!日本は戦争放棄を憲法に書いているのにだ!いい加減民主化して我々が訴える非武装中立をしろ!ウイグルチベット内モンゴル台湾を開放しろ!尖閣問題では日本に謝れ!」と訴えないんでしょうか?


当たり前のことがなぜ議論されなかったのか不思議な討論番組でした。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる