ここから本文です

中島みゆきさんの曲「異国」は どういった状況に置かれた人の事を歌っているので...

ike********さん

2012/4/2900:29:09

中島みゆきさんの曲「異国」は
どういった状況に置かれた人の事を歌っているのでし...

中島みゆきさんの曲「異国」は

どういった状況に置かれた人の事を歌っているのでしょうか?

閲覧数:
1,142
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kay********さん

2012/4/2900:30:04

基本的には、外国人や社会的弱者への差別に対する目線で書かれた歌であると思います

あの曲は、アルバム

『生きていてもいいですか』

のトリの曲です その前に流れるのが、こちらもディープな名曲

「エレーン」

であり、その内容は当時殺された外国人娼婦の話題をモチーフにしたものと言われています



続けて聴くと、「エレーン」は客観的な視点、「異国」は主観的な視点から故郷から疎外され、他国にも受け入れられない外国人の事を歌っている事が解ると思います



ただ、「エレーン」がその環境と状況を第3者としてスケッチする事で客観的な心境を歌ったのに対し、「異国」はその心象風景をそのまま吐露するような歌です なので、聞き方によって単に外国人や社会的弱者への差別に対する批判歌としてだけではなく、人が誰でも持っている社会との疎外感に触れる部分を感じさせ、共感を呼ぶ事ができるのでしょう

実際、具体的な差別対象を描かない事でそのような効果を出しているのは、さすがみゆきさん!と改めて尊敬の念を抱く次第なんですけどね

質問した人からのコメント

2012/4/29 00:34:19

回答ありがとうございました

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる