ここから本文です

馬県藤岡市で乗客7人が死亡した高速ツアーバス事故で、自動車運転過失致死傷容疑で...

kah********さん

2012/5/308:18:44

馬県藤岡市で乗客7人が死亡した高速ツアーバス事故で、自動車運転過失致死傷容疑で逮捕された運転手河野化山容疑者(43)が県警の調べに対し、事前に指示されたルートより遠回りになる関越自動車道を走行したことに

ついて、「走りやすいために通った」と供述してるらしいですが、これはどういうことなのでしょうか?渋滞してないとか道路の状況など走りやすい条件があったのでしょうか?もし関越自動車道を通ったことある人とかで詳しい人いましたら教えてください。

閲覧数:
343
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ter********さん

2012/5/309:20:44

上越JCTから長野方面に向かう上信越道はだらだらと長い登り坂があります。重量を積んでいるトラックですと速度が低下して走りづらく、状況によってはエンジンのオーバーヒートを心配しつつ走らなきゃいけません。また、長野から藤岡JCTへ向かう道ではアップダウンがあり重量を積んでいるトラックであればあまり走りやすい道路状況ではありません。
事故をしたバスのお客さんは『運転手がカーナビをチラチラ見ていた』という証言をしていたところからこの運転手は今回のルートを走り慣れてなかった事が考えられます。
ここからは僕の想像ですが…
過去にトラックで上信越道を通って走り辛かった経験がある。
慣れてない為にうっかり上越JCTを通り過ぎてしまった。
上記のどちらかの理由で上信越道を走行しなかったのではないかと思います。バス会社としても40kmもの遠回りを指示するとは思えません。
ちなみにトラックでの走行感覚のお話をしましたが、バスではトラック程に重量感を感じる事が無いので上信越道が走り辛いという感覚は無いと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

spe********さん

2012/5/318:36:45

群馬在住です。

上信越と関越を比較すると道が全然違います。

上信越はカーブやアップダウンが多く、場所によってはかなりスピードが落ちます。

それに比べ関越は多少アップダウンやカーブはあるものの、上信越とは比べものにならない程度です。

つまり関越の方が安定した走行が出来ます。

距離的には関越の方が30㎞位長くなりますが、スピードを考えれば問題にならないと思います。
(上越JCTから藤岡JCTまでの距離の差)

もう一つは道を間違えてしまったか。
(話し振りからすると違うと思いますが)

上越JCTはトンネルを出てすぐの分岐になります。

そこで間違えたり、ぼーっとして、そのまま真っ直ぐ行ってしまったとかかな。

tor********さん

2012/5/309:18:25

報道によると、上信越道は急勾配が多く、暫定2車線(片側1車線の対面通行)区間があるようです。
地形的な要因で山間部や峠など、設計上、やむを得ない区間があるんでしょうね。
片側2車線から急に1車線になると、感覚的に走りにくくなったり、錯覚して正面衝突の危険がありますね。
事故車や故障車があると、たちまち通行止になります。
ドライバーは余計に神経を使うのかも知れません。

年寄りさん

2012/5/308:27:56

上信越道は対面通行区間が在り、速度が低下しやすく、休日には渋滞しやすいのです。

長いトンネルも在りますが、照明が在りません。
以前トンネル内で黒い車が横転していましたが、ハイビームだったからこそ、避けられました。ロービームなら突っ込んで居ましたね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる