ここから本文です

旅館で女将が挨拶に来るのって、好感?面倒?

rti********さん

2012/5/414:56:56

旅館で女将が挨拶に来るのって、好感?面倒?

あまりないですが、旅館によっては、大体夕食時に女将が来て、
一通りの挨拶をしていくところもあります。

でも正直、面倒なんです(苦笑)。
どっちが愛想してるんだか分からない気分になるし、
メシの邪魔されるのが嫌いなので。

それでも、好感を持つ客が多いから、
いちいち部屋や食事処を回って挨拶するんでしょうか?

ある旅館では
「本来ならご挨拶に伺うべきところですが、
本当の意味でお客様にくつろいで頂けるよう、
スタッフのお部屋への出入りは最小限にし、
女将のお客様へのご挨拶は控えさせていただきます。
その分の時間を、より良いサービスの為に使わせて頂きます。」
とあり、実際良い旅館でした。
こっちの方が好感なんですが。

閲覧数:
19,404
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

unt********さん

2012/5/423:30:09

あれは不要な形式的儀礼の最たるもの。女将が全部の客室回って三つ指ついて挨拶することが高い次元のサービスだとかおもてなしだとか勘違いしている人が多すぎるんだ、客の側も宿側も。


高級旅館だったら女将が全室挨拶回りをするのが当たり前、という風潮が根付いたのはそんなに昔のことではないらしい。明治や大正のころは京都や箱根・熱海・有馬などの名門旅館でも、女将が部屋に挨拶に来るのはよほどの名士か「裏を返してくれた」客(常連さん)に限られていたそうだ。全室挨拶回りが一般化したのは戦後もよほど経ってからのことらしい。

これは絶対にテレビの影響だ。
「美人女将」をフィーチャーしたバラエティーや旅行番組が山ほど作られ、名門旅館の女将の一日を追ったドキュメンタリー番組も多い。若女将の修業を通じた成長をテーマにしたドラマなんかもたくさん作られたはずだ。
その結果、もともとは黒衣であり裏方であるはずの女将が、旅館の主役であり看板であるかのような錯覚が世間に広まってしまった。

そして本来はごく一部の旅館が実施していただけだったはずの「女将の全室挨拶回り」がメディアの力で広く伝播し、それをするのが高級旅館の女将の務めみたいな図式ができあがってしまったのだろう。


女将が部屋まで挨拶に来ることが珍しかった時代は、客の側にも新鮮な感動があっただろうけれど、でもあんなことは旅館に求められるサービスの本質とはまったく別物。

部屋で食事をとっている最中に、甲高い声とともに襖が静かに開き、着物をかっちり着こなした女将が三つ指ついて「当館の女将でございます」と挨拶して口上を始めたら、普通の神経の人間なら無視はできない。箸を動かすのを止め、浴衣の襟を直すなど多少は居住まいを正して応対しないといけない。家族や友人との会話も当然中断する。

「お食事は満足されておられますか」とか「何かお気づきの点はございませんか」とか聞かれても、大概は、はあ、とか、いいえ、とか生返事をするしかない。場合によっては女将が料理の内容について延々と講釈を始めることすらある。
そして女将が出ていくと、やれやれ、と食事を再開する。
こんなことを何度経験してきたことか。

丁寧なおもてなしとして喜ぶ人もいるのだろうが、でもこれはやっぱり少しおかしい。
客のほうが変に気を遣うから、面倒だと感じている人は貴方も私も含め、決して少なくはないはずだ。

旅館の女将の仕事は客回り全体の管理者として、仲居その他の従業員を統率することにある。旅館にとってのメインイベントである夕食の時間に、挨拶回りよりもっとやらなければいけない仕事は山ほどあるはずだ。
だから「より良いサービスの為に」女将の挨拶を控えさせていただく、と宣言しているその旅館の態度はとても正しい。本当は人手が足りなくて挨拶回りをする余裕がないだけかも知らんけれども。

食事その他に関して言いたいことがあれば仲居に言えばよいし、良いことでも悪いことでも女将に直接伝えたいことがあれば呼び出して来てもらえばよい。


女将は呼ばれた部屋だけに出向けばいいはずなんだ。
ただ、テレビやなんかの影響で、女将が全部の客に頭を下げて回るのがマトモな旅館が取るべき当たり前の行動と考えている客は少なくないのだろう。この宿は女将が挨拶にも来ないのかと文句を言う客はいるのだろう。何処へ行ってもそこの偉い人がすすんで挨拶に来ないと機嫌が悪くなる人種というのはいるものだから。
そういう人が少数でもいる限り、女将の挨拶回りというのは簡単になくならないのだろうと思うし、それをしない場合は「本来ならご挨拶に伺うべきところ…」とお詫びめいたことを言わざるを得ないのだろう。


女将の挨拶が面倒だと思ったら、仲居なりフロントなりに、
「家族だけの気楽な旅行なので(あるいは、二人だけで過ごしたいので/一人静かに寛ぎたいので)、ご挨拶にきていただくような心遣いは要りませんと女将さんにお伝えください」
と予め伝えるのも手だ。
きちんとした宿のきちんと教育された従業員なら、それですべてを察するはず。こう言っても女将が挨拶に来るような宿は、形式的儀礼だけを重視する、その程度のレベルの宿だということ。

質問した人からのコメント

2012/5/8 15:03:35

成功 自分の考えに賛同して頂いたからではなく、
純粋に、問題点を見事なまでに指摘された回答をBAに。
(地域の情報を教えてもらえる、という回答も勿論参考になりました)

大変密度の濃い回答でした。
ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2012/5/420:56:46

私は嬉しいです。
まあ気のきいた何でも知ってる仲居さんがついてくれるならそれでもいいけど。
ペンションやゲストハウスのようなごくフレンドリーなのは好きではないですが、節度のある対応で、現地の情報や宿についてを教えてもらうのは楽しいです。
ホテルのときは必要がなければ寄って来ない接客を楽しみますが、旅館のときはお籠りではなく、上げ膳据え膳でもてなされるのが楽しみです。
別に女将さんに愛想使う必要もないですし。10分も20分も居座る訳ではないので、邪魔だと思ったこともありません。ちょっとした会話から、思いもよらない良い事を聞くこともありますよ。
最近、お籠り系の接客を好む方が多いせいか、あまり部屋いスタッフは来ない、布団ではなく和ベッド、女将挨拶はなし、専属の仲居もなしというような旅館が増えてきました。それはそれで良いのかもしれませんが、純和風好きとしては、ちょっと寂しいような気がします。

rum********さん

2012/5/419:29:08

苦手です。
仕事で不特定多数の客と対応してるので旅行中位のんびりしたいので 初対面でお愛想笑顔したくないんです。
ホテル利用が多く女将の挨拶の宿に当たることはあまり無いのですが 最近温泉宿やプチ贅沢な宿を利用すると時々見かけるので困惑したりします。特に事務的に形通りの 数をこなしてるんだというような挨拶だとしらけてしまいます。

nan********さん

2012/5/417:27:07

私も主さん同様、面倒と言うか、放っておいて欲しいタイプ。
なので、旅館には泊まらずホテルです。

tai********さん

2012/5/415:28:18

あいさつに来て、いろいろと教えてくれませんか?

sak********さん

2012/5/415:27:48

女将は貫禄があり美人で接客態度も身のこなしも仲居とは格段の差があります。女将に挨拶されて喜ばない客なんていないです。喜ばない人は経済的に余裕がなく、食い意地だけはった恥ずかしい自分の姿を見抜かれるのを恐れているのです。ぼくは京都の料亭万亀楼に息子と昼食を食べたとき女将が挨拶に来てくれて、おおいに面目をほどこしました。息子も女将のうつくしい京都弁を初めて聞いたと大喜びでした。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる