領国統治が上手だった、善政を布いていた戦国大名はどこの大名家だったのでしょうか?北条家は上手だったと聞きますが、他の大名家はどうでしょうか?天下人三人はどうでしたか?豊臣秀吉の“検

領国統治が上手だった、善政を布いていた戦国大名はどこの大名家だったのでしょうか?北条家は上手だったと聞きますが、他の大名家はどうでしょうか?天下人三人はどうでしたか?豊臣秀吉の“検 地”は、ぶっちゃけた話“査察”ですよね。抵抗はあったでしょうね?

日本史591閲覧

ベストアンサー

1

戦国時代に検地に抵抗したのは国人、地侍です。なぜ抵抗したかと言えば検地が国人や地侍を土地から切り離す政策だったからです。元々、国人、地侍はある土地に土着していて自分の領地(本領)を持っていた武士です。そして本領を安堵してもらう条件で大名に服属し、また、功績をあげれば土地を増やして貰っていました。つまり、土地そのものを所有していたのです。そこで検地です。検地は、その土地の田畑の測量を行い収穫量を把握する行為ですが、それに伴ってその収穫量をお金=貫に換算し、そのお金=貫を家臣の俸禄とするというものです。つまり、家臣が保障されるのは土地ではなく貫高になるのです。従って、貫高が同じならどこの土地にでも移動させることが出来るようになるのです。これは二つの意味を持ちます。一つは戦をして新たな占領地を得た時には、そこの土地に国人、地侍を移すことが可能になります。そして空いた土地を大名の直轄地にしたり、新たに検地をやって収穫量が増えてていればそこに他の家臣を移動させることもできます。二つ目は国人、地侍を元の土地から切り離せることです。これらのことは国人、地侍の力を弱め大名への従属性を増すことになるので抵抗したのです。上杉謙信の跡を継いだ上杉景勝は検地をやろうとして国人領主の抵抗に会い家中で争いが起きています。 農民は検地があろうが無かろうが納める年貢には変わりがないので抵抗はしません。それどころか太閤検地では土地の耕作者ごとに検地をやり、年貢は耕作者が直に納めるようにしたので、それまで地侍などが重層的に中間搾取していたのが排除されたのでむしろ歓迎したとされています。 以上が戦国時代の検地ですが、江戸時代の検地は趣が異なります。江戸時代の検地は年貢収入を増やすのが目的であったのでやられる毎に年貢高が増し農民の抵抗にあっています。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

おぉっー、素晴らし過ぎる回答をいただき、ありがとうございました。また、何かの際には、よろしくお願いします。

お礼日時:2012/5/7 7:10

その他の回答(2件)

0

「源五郎は役をば掛けぬ」 最上義光の治世では一揆がなかったと言われています 分国法 ・新たにいくさで得た土地からは橋や寺社の復興を除いて向こう三年税を取らない ・いくさで敵の領地の女・子供・老人・病人を殺してはいけない ・味方を騙してはいけない ボケながら http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1359456788 http://iiwarui.blog90.fc2.com/blog-category-84.html http://www.nicovideo.jp/watch/sm10610664