ここから本文です

二科展に出品するのはどれくらい難しいのですか? 二科展に入選するのはどれくら...

tir********さん

2012/5/623:06:49

二科展に出品するのはどれくらい難しいのですか?
二科展に入選するのはどれくらい難しいのですか?
芸術や絵のことはさっぱりわからない素人です、
友達が二科展ですごいらしいのですがわからないので

わかりやすく教えてもらえたら嬉しいです。

補足みなさん、こんなに親切丁寧かつ真摯に回答いただけてありがとうございます!
まさにこんな回答が頂きたかったので感動しています!
やはり真剣に芸術に打ち込んで芸術のことを考えて、深く愛してる方々なんだなというのがよくわかりました。
芸術に興味が出てきました、みなさん素晴らしいです。尊敬します!

閲覧数:
117,425
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

編集あり2012/5/718:00:44

どの公募展もそうですが、誰にとって難しいのか?なんだと思います。

趣味で絵を描いているひとには公募展に入選する事は難しいかも知れませんが、プロを目指すひとにとっては入選する事くらいは大した事ではありません。実際に二科展をご覧頂くとわかると思いますが、入選レベルってそんなに高くはないわけです。二科会のHPには去年の搬入点数と入選者数が公表されていますから、かなりの数が入選している事がわかるでしょう。搬入点数が多くてもひとりが複数点出品しているわけですから。

美術団体の公募展の難しいところは、賞を獲る事と、継続して入選を続ける事が出来るかどうか?なんだと思います。毎年毎年公募展に出し続けるのって、精神的にキツクなりますし、実際のところ忍耐が続かないというひとが多いです。いま、いくつかの団体は入選連続5回で会友推挙というところがありますが、二科会の場合はそう簡単ではありません。

それにたぶんみなさんが思っている以上に巨大な組織で、全国組織ですから、誰か偉い会員のコネが効くような事はありません。全国に支部があって、会員・会友、そして出品者の数はものすごい数になりますし、それぞれの支部や県で大きな組織がありますから、誰か特定のひとの思惑で動く事はないわけです。つまり入選や受賞は公平な審査の結果です。審査風景もマスコミに公開した事がありますし、密室で行われるわけではなく、国立新美術館のどこの団体も使っている広い審査室で行われています。

あとわかりやすく・・・という事でしたら・・・

日本の三大美術団体は日展・院展・二科会だと言われています。

いま現在、日本にたくさんある美術団体は、殆どこの3つの団体から派生したものなわけです。

6年前に六本木に国立新美術館が公募団体の為に建てられましたが、その全室を使っているのは日展といまやっている国展と二科展の3つだけです。

期間中には天皇陛下や大臣が来館する事もありますし、初入選のひとは地方によっては新聞に名前が出るらしいです。そういう事って実際に出品しているひとにはどうでもいいことだと思いますが、その出品者のご家族やご親戚に対してはわかりやすい説明になるらしいです。

追記

多少誤解があるようなので・・・

美術団体の公募展とそれ以外の公募展では目的がまるで違います。
美術団体の公募展というのは、将来、その美術団体に加入してくれるひとを募集する公募なわけです。

ですからどこの美術団体に出品しても、会員が出品者にアドバイスをするのは普通の事であって、それを積極的にやるかどうかは会のやる気なんだと思います。

ある美術団体は、入選通知に会期中、会員さんが美術館で当番をしている当番表を添付してあるところがあります。
それはお目当ての会員さんに積極的にアドバイスを受けてくださいという事なわけです。他の美術団体でも研究会や勉強会があるところは多いです。つまり「新人育成」というのも美術団体の大きな仕事のひとつなわけで、それによって謝礼を要求されるようなところはどこもありません。もしもあったとしたら問題なわけです。ぼく自身、何十年も年に三桁近くのひとにアドバイスをしていますけど、一銭も貰っていません。交通費や貴重な時間を使ってでも、将来の会員の為にボランティアでやってるわけです。

現実的な事を言えば、いまの若いひとは他人からアドバイスをされるのを嫌いますし、残念な事に将来美術団体に属したいと思っているひとも少ないです。ですからこちらからムリにアドバイスをする事はないですし、若いひとたちを大事にするのは当たり前で、ただでさえお金のないひとたちからお金を巻き上げることなんてあり得ないわけです。

それから画家になるのに美大を卒業する必要はありませんし、普通の主婦になっても目指すひとはたくさんいます。美術団体ってそういうひとたちの受け皿でもあるわけです。普通の生活をしていて、毎年大きな作品を出品し続けるのって趣味としてはかなり大変な事で、それを続けているだけでも情熱があるのだと思います。

美術団体に所属していれば絵が売れるわけではありませんし、才能があるひとは公募展に出品する必要もないわけです。
美術団体に所属する理由はひとそれぞれあると思いますが、プロのひとにとっては宣伝の為の画歴のひとつにしか過ぎませんし、趣味のひとにとっては勉強の場であり、絵を描くという理由のひとつなんだと思います。大きな場所で大勢に観て貰えますし。二科展なら国立新美術館だけで十数万人の来場者がありますし、選ばれれば全国巡回もあります。

毎年、芸能人が入選する事も話題のひとつになっていますが、芸能人でなくても入選する事は簡単ですから、実際に展覧会を観に行けば、その芸能人の方の作品よりレベルの低い作品も結構あるという事がわかると思います。

質問した人からのコメント

2012/5/11 14:32:45

もっと勉強します!みなさんありがとうございました!!

「二科展とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kam********さん

2012/5/911:06:05

会員や理事の先生について謝礼もし、(入選なら10万から賞や会友なら100万くらい)先生に手を入れてもらった作品は簡単に賞にも通るでしょうし、会友にもなることができます。
ひどい人は300万で日本美術家連盟会員の肩書きを買った人も知っています。
地獄の沙汰も金次第。

実際、そのような汚い手を使って通る人達も以外と多いですが、才能がある人達は、そんなことをしません。

真面目に一人で描いて通る場合は少なくとも県美術展には、やすやすと通る実力がなければ落選します。

ついていた理事の先生が亡くなって、すぐ落選し(驚く程の人数落選)絵をやめた人も知っていますし、早々と別の会員の先生に乗り換えて、全面的に描いて貰って賞をとった人も知っています。
そういう人は、何時も同じ人ですね。

実力で通らないから人に描いてもらう・・・・・情けないですね。
そもそも、人に描いてもらって会友になって何が面白いのでしょう。見栄の為でしょうか。

下手な人は先生から手を入れて貰うしかありません。
筆跡が違うので、直ぐに分るのに・・・
人格を疑いますし、先生が亡くなった後の絵を見て皆に笑われるばかりです。

何処の美術団体にも、お金で賞を貰おうとする汚い輩は多く存在します。

個人的にはお金で賞や入選を買う輩については思い切り軽蔑しています。

sca********さん

編集あり2012/5/712:32:58

そんなに難しくありません。
出品料さえ払えばだれでも出品はできますし、入選もそんなにハードルが高いわけではありません。

下のかたが
>第36回二科展では、約3000弱の搬入点数に対して約700点が入選しているようです
とお書きになっていますが、出品者はだいたい2〜3点を出品します。そのうち1点が入選するかんじです。つまり、落選するひとはあまりいないのです。

出品者の多くは、あらかじめ二科展会員の先生に出品予定の作品を見せて、こう直したほうがいいとかいったアドバイスを受けます(とうぜん謝礼も払います)。
あらかじめこのようなアドバイスを受けておけば、審査で落とされることはまずないでしょう。じっさい、会場に並んでいる作品のほとんどは、ただの素人作品です。じつはうちの親戚のおばさんも毎年出品していていまは「会友」になっていますが、べつに美大を出たわけでもない、大人になってから趣味で絵をはじめただけの専業主婦です。

二科展は工藤静香、石坂浩二、八代亜紀、雪村いづみ、五月みどりといった芸能人が多く出品しています。こうした芸能人や有名人が落選することはありません。
芸能人が出品することでマスコミがとりあげ、そのため知名度があがります。二科展は知名度があるために、絵のことをよくしらない人は権威があると勘違いするのですが、一般入選者についていえば、じっさいにはそこいらの市民絵画展と大差ありません。

アバター

ID非公開さん

編集あり2012/5/718:03:23

どの公募展でも出品するのは、難しいことではありません。
わずかな出品料と搬入のための費用だけです。
二科会は歴史があるのは事実ですし、広いスペースを使用しているのは
他の公募団体と違って絵画だけでなくデザインや写真まであるからです。
日展も日本画・洋画・彫刻・工芸・書と分野が広いからです。
第96回二科展では、データから約3000弱の搬入点数に対して約700点が入選しているようです。
確かに、上の方がおっしゃってるように二科展には3点以上でも出品できます。点数制限がありませんから。
私の知っている白日会では、1人2点以内となっています。
他の公募団体の絵画では、全体の出品点数がもっと少ないです。
他の公募団体は出品者がレベルが高いところもありますし、出品者が会のレベルを意識して出品しているようです。
二科会は昔と比べてレベルが落ちています。
会員の名簿をみても画廊が扱っているような画家さんはほとんどいません。
業界の方も扱えるような画家がいないとおっしゃっています。
二科展の絵画について評価している人は、現在ではほんの一握りです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる