ここから本文です

天皇って、 何で天皇と言うのですか? 天から舞い降りた皇帝から来てるのですか?

mis********さん

2012/5/817:23:55

天皇って、
何で天皇と言うのですか?
天から舞い降りた皇帝から来てるのですか?

また、
(今更ですが)日本にとって天皇は、
イギリスのエリザベス女王、
イタリアのローマ法王に相当するのですよね?

閲覧数:
813
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lom********さん

2012/5/820:03:29

イギリスのエリザベス女王はそうですが、
イタリアのローマ法王は違います。
イタリアは20世紀に君主制を放棄していますので君主は居りません。天皇に相当するのは大統領です。
ローマ法王は世俗的君主ではなくローマカトリック教会の長ですから、宗教界の長になります。
ローマ法王を、日本天皇と比較するならばバチカン市国の国家元首としてならば相当すると思います。

つまり、ローマ法王というのはカトリック教会の長であるとともに、
教皇領(バチカン市国)という領域を治める世俗的国家の君主でもあります。
しかし、ローマ法王はイタリアというバチカン市国の隣の別国家の統治機構とは関わりを持ちません。

質問した人からのコメント

2012/5/14 21:55:19

ありがとうございました!他の回答者様も、ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ora********さん

2012/5/900:59:58

天皇という言葉は記憶が正しければ天皇大帝(北極星)から来てるともいました。

皆さんローマ法王とは違うといいますが考え方にもよりますが天皇は日本神道のトップですのでキリスト教のトップのローマ法王と規模は違えど近いものはあると思います。

一応国際上言葉的には皇帝と国王(女王)は皇帝のほうが上です。

spi********さん

編集あり2012/5/823:49:44

thor1203さんの回答にほぼ同意。

もともとは大王(おおきみ)と呼ばれていましたが、中国との関わりにおいて天皇と名乗るようになりました。

天皇の由来に、道教の最高神「天皇大帝」からという説もあります。当時の中国の唐はまた道教が盛んでした。

最近の考古学的な発掘でも古代の道教の影響が発見されています。(飛鳥には不思議な石がいくつかありますがどうやら道教関連の遺物のようです。)


国際的な慣例では天皇は元首として遇されています。エリザベス女王や各国の大統領と同じぐらいと考えて良いのでしょう。

kum********さん

編集あり2012/5/819:27:47

もともと日本には各地に豪族がいて、
それぞれ王を名乗っていました。

各地の王をまとめるために王の王
という意味で天王を名乗ったのが
はじまりです。

エリザベス女王やローマ法王に相当
するとは思えません。影響力では
ローマ法王のほうが大きいでしょう。

tho********さん

2012/5/818:10:22

中国の神話伝説時代、
地上は「天皇」・「地皇」・「泰皇」の三皇と呼ばれる神によって治められたと言われています。
「天皇」はこの三人の神の中の長老格で、一番強く賢く優れた神であったと言われています。

やがてその神々が御隠れになり人間が地上を治めるようになった。
この三皇のあと、五帝と呼ばれる五人の聖王が地上を治めたと言われています。

それから更に時が過ぎ、神も聖王も失われ、血泥の群雄割拠の時代がきました。
そして紀元前221年、ついに戦国時代は終わり一人の王が天下を統一した。
その王の名は秦王「嬴政」、彼は天下を治める王として新たな称号を作りました。

嬴政は神話時代の神と聖王よりも偉大な業績を上げ広大な領土を治めたとして三皇五帝の名を取り「皇帝」という地位を定め己は最初の皇帝「始皇帝」と名乗ったのです。
秦はわずか三代で滅びましたがその後中国を統一した漢でも皇帝位は受け継がれ、その後も中国を統一した(統一しようと望む)王は皇帝を名乗りました。

その後も興亡は繰り返され589年に「隋」という帝国が中国を制覇します。
その当時辺境の弧状列島を統一していた倭国が607年に使節を派遣しました。
有名な国書「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙なきや。」を携えて。
神すらも凌駕するとされる「皇帝」に対等の関係を要求したのです、当然隋の煬帝は怒ります。
ですが煬帝は日本に使節を派遣しその国情を調査しました。
当時の中国は朝鮮半島と敵対関係にあったので倭国とまで敵対するわけにはいかなかった、むしろ味方に引き釣り込みたかった。
倭国はその状況を利用して中国の冊邦体制からある程度の独立を認めさせようとしたのです。

その後倭国は「東の天皇、西の皇帝に敬白す」という国書を送りました。
つまり『「偉大な神」が「全ての神々の王」に謹んで申し上げます』という国書を出したわけです。
それに対し隋の煬帝は黙認の態度を取ります。
内容的にも譲歩していたこともありましたし、朝鮮に対する戦争で国内が疲弊し内乱が続発していた隋は倭国どころではなくなっていたのです。

その後、618年に「唐」が建国されます。
第3代皇帝高宗の御代、皇后の「則天武后」が女性としてはじめて帝位を狙いました。
病気がちだった高宗に成り代わり政治の実権を握った武后は、674年に皇帝位を廃し高宗の地位を「天皇」、武后の地位を「天后」と制定しました。
唐の皇族だった李一族を皇帝位から引き釣り降ろしたわけです。
その後高宗は崩御し武后は次と次の「天皇」を傀儡として李一族の反乱を鎮圧、690年「聖神皇帝」を名乗り帝位に就いたのです。
武后の死後、武一族は急速に没落し再び李一族が皇位を取り戻しました。
この一連の覇権争いにより「天皇」と呼ばれる地位が確定し、同時に中国から捨てられたのです。

その後日本は対外的にも「天皇」を称するようになりましたが中国は完全に黙認するようになります。
下手に文句をつけると則天武后の功績を認める事になってしまうからです。
これによって日本は、「皇帝」よりあくまで下、しかし「皇帝」と同格でもある、という奇妙な地位を獲得することが出来たのです。

皇帝とは万物の王、中国だけではなくあらゆる辺境、ユーラシアはもちろん日本を始めとするあらゆる島、あらゆる大陸、あらゆる星々をも治める神々の王という意味なのです。

そして天皇とは、優れた神という意味です。
神々の王が「皇帝」で神々の長老が「天皇」、皇帝が全てを治める存在であることに対して天皇はいくら優れ敬われていても一人の神に過ぎない。
つまり皇帝と天皇は決して同じ地位ではないのです。
一見同じ優れた神という意味を持ちながらも、明らかに皇帝の方が一段高い意味を持つ。

これは、日本が中華帝国を上位の存在として認め、それでいながらも決して従う存在ではないことの表明なのです。
それが皇(神々)の帝(王)「皇帝」に対して使われた、天(偉大な)の皇(神)「天皇」という地位の意味なのです。

ちなみにイギリスの元首はあくまで国王ですから皇帝・天皇・教皇よりは一ランク下です。
とは言ってもイギリス国王はイギリス連邦の元首でもあるのでイギリス・オーストラリア・ニュージーランド・パプアニューギニアの国王でもあります。
勢力として考えたなら、エリザベス女王はローマ法王に匹敵する影響力を持った元首だと言えるでしょうね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる