岡山・尾道2泊3日の一人旅、どう回ったらいいか迷ってます・・・。いいアドバイスをお願いいたします。

岡山・尾道2泊3日の一人旅、どう回ったらいいか迷ってます・・・。いいアドバイスをお願いいたします。 6月上旬に岡山・尾道etc・・・をめぐる一人旅を計画中です。 効率よく回るにはどうしたらよいのか迷っています。 まず行きたいところですが ・倉敷-美観地区などの有名どころ ・尾道-ラーメンと尾道散策 ・ちょっと足を伸ばして本場、讃岐うどんを食べたい ・行ければ直島 宿は岡山駅周辺に2泊予約しました。 初日は9時ころ岡山空港に到着して、最終日は17時ころ出発です。岡山での移動はすべて 公共機関を使います。 雑貨や珍しいもの、ちょっとB級スポット的なものが好きです そんな岡山のオススメがあったら合わせて教えてもらえるとうれしいです。 岡山通のかた良いアドバイスあればよろしくお願いいたします。

国内3,214閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

岡山県人です。 ようこそ岡山へ。 倉敷・尾道・直島に一日ずつなら大丈夫でしょう。 讃岐うどんを食べるためだけに香川まで行くのはどうかと思いますが・・・ 倉敷駅北口の「アリオ倉敷」に高松の有名店の「竹清」が出店していますので、こちらでうどんを召し上がる事にすればかなり時間の節約になります。 http://www.ario-kurashiki.jp/web/shop/f-088.html 初日 岡山空港からリムジンバスで倉敷へ。 http://www.chutetsu-bus.co.jp/rosen/rimujin.htm#kurashiki 倉敷駅到着時に少し早めの昼食として「アリオ倉敷」の「竹清」へ。 いつもかなりの混雑ですので夕食時よりも開店直後の方がいいかと思います。 その後は美観地区をメインにのんびり散策してください。 http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=1849 美観地区までは倉敷駅から徒歩10分程度です。 美観地区自体は見所は多いのですが、倉敷川沿いのわずかな区間です。 時間があれば、東の本町、東町なども散策してみてください。古きよき街並みが残っています。 あまり知られていませんが、大原美術館前の橋を渡った少し先、トンネル前の交差点の右手前の「中国銀行倉敷支店倉敷本町出張所(旧中国銀行倉敷本町支店)」をお見逃しなく。 登録有形文化財に指定されている1922年竣工の見事な建築です。建物だけなら大原美術館に負けません。 http://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=136788 また、ちょっと変わったところで帽子がお好きであれば本町の「襟立製帽所」などお薦めです。 倉敷で帽子??と思うかもしれませんが、創業50年の帽子の老舗です。 http://www.eritate.com/ 手作り帽子のよいものを置いていますよ。 倉敷駅からJR山陽本線で岡山へ出て宿へ。 普通列車で約17分、320円です。 2日目 岡山駅からJR本四備讃線・宇野線で宇野駅へ。 直通列車は少なく途中の茶屋町駅で乗換えになる事が多いですが45~50分、570円です。 宇野港にはいくつかの島や四国に渡るフェリー乗り場がいくつも並んでいます。 直島行きフェリー乗り場は駅前の右手にあるセブンイレブン前の横断歩道を渡ってすぐ右の所です。 小型旅客船も運行していますが、これの乗り場は少し離れた所にありますので注意してください。(案内は出ています) フェリーは約20分で直島到着です。 島内のバス便はあるのですが、島の中心部の本村を基点に運行しているので、宮浦港を基点に動こうとすると待ち時間が長くなったりします。 また、現在は宮浦港-地中美術館の直通バス便はありません。 バスで行くなら遠回りして「つつじ荘」まで町営バスで行き、そこからベネッセアートサイト直島の場内シャトルバス(無料)利用となります。 ということで島内での移動はレンタサイクルをお薦めします。 ただし、アップダウンが多いので出来れば電動アシスト車を借りてください。 電動アシスト車は台数が限られていますから、フェリーを下船したら素早く確保してくださいね。 宮浦港近くのレンタサイクルは3軒。宮浦港のフェリーターミナル海の駅「なおしま」内にある「カフェおうぎや」と、その近くの「Little Plum」「みやげ屋」です。「カフェおうぎや」に電動アシスト車があります。 徒歩でも移動は可能ですが、ちょっとしたハイキング気分です。 それでもつつじ荘周りでバスを乗り継ぐより徒歩の方が早いでしょうが・・・ (宮浦港-地中美術館で20~30分くらい) 直島での見所は「地中美術館」「家プロジェクト」などですが、のんびり堪能しようとすれば一日がかりです。 往路を引き返して岡山泊。 最終日 岡山からJR山陽本線普通列車で尾道へ。 約1時間20分、1280円です。 尾道の散策は徒歩に限ります。 ロープウェイの山麓駅まで歩き、ロープウェイで千光寺へ、山頂からの眺めを堪能した後に徒歩で坂を下りつつ、目に付いた寺院に立ち寄って参拝してみてください。 下り切ったら尾道ラーメンですね。 しっかり歩いた後ならよりいっそう美味しいでしょう。 往路を引き返して岡山駅に戻り、リムジンバスで岡山空港へ。 もし、尾道で時間を使い過ぎてしまったら、新尾道駅に出て新幹線で岡山駅へ、です。新幹線なら30~35分で岡山駅に着きます。 ただし、昼間の新幹線は毎時1本ですので注意してください。 おおむね毎時3~7分頃新尾道駅発です。 尾道を最終日にするのはもしもの時に新幹線利用で時間短縮出来る事と、直島を最終日にした場合天候によってフェリーが遅れたり欠航したりしては大変だからです。 文字数制限の関係で簡単になってしまいましたが、こんな感じでいかがでしょうか。 ポイントを絞って再質問してくださればもう少し詳しく回答します。 なお、どうしても四国に渡って讃岐うどん、ということであれば2日目に直島を諦めて高松に向かうしかないでしょうね。 讃岐うどん+栗林公園+屋島といったところでしょう。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん回答ありがとうございました。 3日間の工程を詳しく教えていただいたこちらをBAに選ばさせてもらいます。 うどん情報もかなり参考になりました!

お礼日時:2012/5/16 20:02

その他の回答(2件)

0

こんにちは 尾道の近くに住んでました。。 うどんもいっぱい食べに行きましたので アドバイスさせていただきます。 まず 讃岐うどんは 午前中・お昼までが勝負です。 それと 日曜日は休みのお店が多いです。 S級店は うどん 出汁 が絶妙です。 お店の雰囲気と相まって さいこうです。 尾道は 街並み、千光寺の山、 散策主体ですが 瀬戸田へ(平山郁夫美術館+耕三寺)高速船で行って見られては? この瀬戸内海の景色が とても綺麗です。 晴れた日を選んでください。 駅前の桟橋から でてます。 片道45分くらい。 岡山は 見るとこがないまちで 倉敷くらいです。 後楽園くらいかな・・・ 曜日、天気で 尾道と香川を選びましょう。 うどん店は 坂出に有名な ディープなお店があります。 駅から とほ10分いないだったような・・ 山越、蒲生、山内 は車でないといけないところです。 屋島のふもとの わらや はお勧めです。 こと電で行けます。 参考にしてくださいね。

0

香川県人です。前の方の回答にある竹清は今や全国に広がった半熟玉子天の考案店で、ちくわ天も美味しい店です。 竹清倉敷店へは開店後すぐ香川県人を代表して様子を見に行きました。まぁそういう気持ちで倉敷へ行った香川県人は少なく見積もっても1万人くらいいると思いますが…。ただし私も含めほとんどの人は三井アウトレットパーク倉敷へ行ったついでだと思います(笑)。竹清クラスの有名店で県外に出店したのは竹清が初めてです。「うどん本陣山田家」が東京スカイツリーに出店するようですが、いずれにしても極めてわずかな県外出店です。美観地区に「かな泉倉敷店」が営業を続けていると思いますが、かつて県内で人気があったかな泉はブームに乗れず衰退し、先日倒産してしまいました。 http://www.ario-kurashiki.jp/web/shop/f-088.html もし瀬戸大橋を渡ってみたい、香川県で食べたい、それも「典型的な田舎町の製麺所」で食べてみたいということなら快速マリンライナーが四国内で最初に停車する坂出駅北口徒歩10分程度の「上原製麺所」(日祝定休)が一番近いと思います。有名店で食べたいなら坂出駅南口徒歩10分強の「日の出製麺所」(原則無休 ただし土日は混雑)があります。どちらも営業時間が短いので注意してください。日の出は本来は広範囲に卸す大手製麺工場で、主力商品のお土産うどんが充実しているので買って帰るのもいいと思います。なお上原は品切終了、日の出は時間内に並べば行列があっても食べられるはずです。 http://ueharaseimen-hp.hp1.allin1.jp/ http://www.hinode.net/about/restaurant.html (トップページからだとわかりにくいので店内食事紹介ページを貼ってあります) 倉敷市内から、特に美観地区からだと倉敷駅に戻らずに近くの東町停留所から下電バス茶屋町イオンモール線に乗り、20分前後で着く茶屋町駅から快速マリンライナーで2駅目(25分程度)です。毎時2本のマリンライナーのうち茶屋町11:09発坂出11:34着があるので、倉敷駅前なら10:17発、東町なら10:23発茶屋町駅前10:39着のバスに乗ればいいようです。30分あとに出る11:09茶屋町駅前着のバスでも接続が前提のダイヤで乗換えできると思うのですが、バスが遅れたり初めての駅で戸惑うといけないので一つ早いバスを考えました。なお東町停留所は地図中央付近にあります。 http://www.shimoden.net/rosen/rosen/aeonmall.html 美観地区でまだガイドブックに載っていない新スポット「林源十郎商店」は、屋上から美観地区の街並みを見下ろせる穴場だと思います。 http://www.genjuro.jp/ 倉敷市児島は今や日本のジーンズ生産の中心地ですが、伝統的には帆船に使う帆布の生産地です。京都に有名な(分裂したのも有名)帆布商品の店がありますが、児島の帆布商品は倉敷美観地区でも売られています。「倉敷帆布」という名称は地域ブランドに見えますが、特定企業の商品名だそうで「くら帆布」という別の企業の商品も見かけます。 http://kankou-kurashiki.jp/tourismguide_buy/001174.html

地図を表示する- Yahoo!地図