ここから本文です

今上天皇・皇后両陛下の御陵問題のニュース内容について。 江戸時代初期から3...

ebi********さん

2012/5/1113:34:37

今上天皇・皇后両陛下の御陵問題のニュース内容について。

江戸時代初期から350年間、天皇陵は土葬が主であったが

とニュースで報じられていましたが安土桃山以前ならいざ知らず

江戸期の御陵はその殆どが火葬塚の

多重塔で明治に移行する少し前の孝明天皇陵から土葬陵が復活したわけですよね?

ですから350年間ではなく150年間の間違いではないでしょうか?

閲覧数:
492
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sur********さん

2012/5/1321:56:12

後光明天皇崩御時に今までの慣例どおり火葬にしようとしたのだが、禁中に出入りしていた魚屋が火葬は天皇のご意思に反すると進言したため土葬になり、それ以後は土葬。

後光明天皇は儒学を尊んでいたので(仏教は好きではない)ので、仏教の葬法である火葬は嫌だったのかも。儒学は基本的に土葬。

ただし、建前上火葬塚はあるので(陵墓は泉涌寺にある)、泉涌寺に聞くと「火葬塚があるので火葬」という答えが返ってくる。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる