ここから本文です

至急お願いいたします。 前年度に計上した完成工事未払金の処理について 決算...

sla********さん

2012/5/1122:36:54

至急お願いいたします。
前年度に計上した完成工事未払金の処理について

決算時に計上した金額
未成工事100万 完成工事未払 100万
翌期の実際に支払った金額
完成工事未払 100万 現金120万
過年度修正損 20万

こんな仕訳になるのでしょうか?

閲覧数:
1,492
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

typ********さん

2012/5/1214:05:25

前期に完成した工事に係る外注費支払の金額が未確定で見積もり計上したような場合を想定されているのでしょうか。

いずれにしても、当期の実際支払金額との差額20は、過年度修正損ではなく完成工事原価です。3月決算会社の場合平成24年3月期から「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」が適用になるため、過年度修正損を計上するケースは極めてまれで、重要な金額の修正がある場合は、前期に遡って決算を修正することになります。

当期の仕訳は以下のようになります。
工事未払金 100 / 現金預金 120
完成工事原価 20

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる