森鴎外は軍医としては失格?

森鴎外は軍医としては失格? 鴎外は脚気の原因を細菌だと思っていた? ビタミン欠乏説を否定? 陸軍による戦死者の数より、脚気の死者を多く出した? その誤りは森鴎外にある? そんな内容が『医学は科学ではない』米山公啓 元・聖マリアンナ医科大学助教授 ちくま新書 に載っていましたが、本当でしょうか?

日本史20,310閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

3人が共感しています

ベストアンサー

14

まぁ失格ですね。 1876年(明治9年)、ドイツのロベルト・コッホが炭疽菌を発見し、これが炭疽の病原であると証明します。細菌がさまざまな病気の原因になるということが、このときはじめてわかったのです。 この医学史上、人類史上画期的な発見によって、細菌学は医学の最先端になり、さまざまな病気の病原菌がつぎつぎと発見されていきました。 脚気は幕末〜明治の日本ではコレラ、結核と並ぶ深刻な病気でしたが、この時代の医学研究の風潮からいって、細菌説が唱えられたこと自体は自然なことでした。 ヨーロッパにはない病気であることから、アジアの風土病、アジアの自然界にある細菌が原因だと考える研究者は多かったのです。コッホも細菌が原因であろうと考えていて、いずれ病原菌が発見されるだろうと思っていたようです。 東大医学部はドイツ医学を導入していました。森鴎外や石黒忠悳(陸軍省医務局長)は東大医学部で学び、ドイツに留学もしていますから、細菌説をとることは当然だったでしょう。 また、当時の医学界の常識から考えても、細菌説は有力でした。ここまでなら、森鴎外や石黒は責められるほどのことではありません。 森鴎外が医者、科学者失格なのはここから先です。 海軍軍医の高木兼寛はドイツではなくイギリスで医学を学んでいます。 高木はヨーロッパに脚気がないことから、脚気の原因を蛋白質の不足と考え、肉食すれば脚気を防げるのではないかと推測しました。 高木は明治17年(1884)、訓練航海のときに2隻の船の食事内容をそれぞれ和食と洋食にしました。すると、和食のほうには脚気が発生し、洋食のほうには発生しませんでした。食事を変えることによって有意の結果がでたのです。 以後、海軍では洋食をとりいれ、やがて肉ではなく麦飯がよいことも判明して、その後は脚気に悩まされることがほとんどなくなりました。日清戦争の前のことです。 しかし、細菌説に固執する石黒や森鴎外は、海軍が兵食改革によって脚気が激減した結果を無視し、「日本男児は白米を食べないと力がでない」などといって陸軍の兵食はあくまでも白米としたのです。 この当時、兵隊の多くがいなかの貧しい百姓の次男、三男でした。白米が食べられることが魅力で兵隊になる者も多かったのです。こうした事情もあって、陸軍は白米の兵食にこだわったという事情もあるのですが、日清戦争では脚気の罹患が深刻な状態でした。 戦死者よりも脚気による死亡のほうが多かったという統計もありますが、陸軍にとって都合の悪い数字ですから正確なところはわかりません。じっさいは衛生状態も悪く、病死者の死因はいろいろです。忘れてはならないのは、戦死者のなかにも罹患者が多数いたにちがいないということです。 海軍ではほぼ撲滅された脚気が、陸軍では日露戦争時にいたっても改善されませんでした。 森鴎外は「意地」だけで麦飯導入を拒み、日露戦争でも陸軍では約25万人の脚気患者が発生し、約2万7千人が死亡するという無残なほどの事態を生み出し、戦死者の多くも脚気にかかっていたといいます。 戦中戦後、鴎外を非難する声は陸軍内部にもあったのですが、けっきょく鴎外が責任を取ることはありませんでした。 鈴木梅太郎が米糠からオリザニン(ビタミンB1)を発見したのちも、鴎外は一貫して細菌説に固執します。そして、その筆力をもって栄養説を批判し、鈴木を罵倒する論文をたびたび発表しました。 その内容はとても学術論文といえるようなものではなく、感情的な罵詈雑言に終始するもので、鈴木が東大農学部出身であることから「百姓学者のマユツバ研究」と揶揄し、「農学者が何を言うか、糠が効くのなら小便でも効くだろう」とまでいいました。 鈴木の発見はまちがいなくノーベル賞に値するものでしたが、国内、とくに東大医学部からの激しい嫉妬によってノーベル委員会に推薦されることもなかったのです。 森鴎外は研究の趨勢が栄養説にほぼ決しても、死ぬまでこれを認めず、細菌説を主張し続けました。 鴎外は陸軍軍医総監、かつ陸軍省医務局長という地位に上り詰めます。陸軍軍医総監は中将に相当するポジションです。 これほどの立場なら華族に列せられるのがふつうなのですが、鴎外はついに叙爵されませんでした。これは脚気問題が問われたのだろうと思います。 いっぽう、論争相手だった海軍の高木兼寛は男爵に叙され、麦飯をさかんに奨励したことから「麦飯男爵」というあだ名で慕われました。 以前、脚気論争の背景を回答していますので、よかったらそちらも参照してください。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1450927004

14人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

上記著書、鴎外は慈恵会医科大学の初代学長となった高木兼寛の脚気ビタミン説を、最後の最後まで否定~とあり >日露戦争でも陸軍では約25万人の脚気患者が発生し、約2万7千人が死亡 やはりこの責任は重い >鈴木梅太郎が米糠からオリザニン(ビタミンB1)を発見したのちも、鴎外は一貫して細菌説に固執します。そして、その筆力をもって栄養説を批判し、鈴木を罵倒する論文を 学閥? >日本の医学界全体の責任 責任をうやむやにする解釈

お礼日時:2012/5/18 19:46

その他の回答(7件)

0

脚気云々の話ですがこの問題を鴎外のせいにするのははっきり言って当時の事情を知らないアンフェアな意見です ①鴎外はに日露戦争時の陸軍の医療部門のトップではない そもそも日清、日露戦争での陸軍の衛生に関する総責任をおう担当者は大本営陸軍部の野戦衛生長官(日清・石黒忠悳、日露・小池正直)である この時点では隷下の一軍医部長でしかない森鴎外に全責任を問うのは筋違い(軍医総監になるのは日露戦争後) ②白米で決定したのは医学とは別次元の問題(どちらかと言えば情)から 鴎外が白米飯を擁護したことが陸軍の脚気惨害を助長した訳ではない。日露戦争時の陸軍大臣は麦飯派だった寺内正毅だったが白米食としたのは ・軍の輸送能力の問題 ・白米飯は庶民あこがれのご馳走であり、麦飯は貧民の食事として蔑まれていた当時の世情の影響 ・部隊長の多くが死地に行かせる兵士に白米を食べさせたいという心情から白米を支持した といった栄養学から放れた事情によるところが大きい。 ③責任を背負わされた鴎外 鴎外の「陸軍兵食試験」が脚気発生を助長したとの批判があるが、兵食試験の内容は当時の栄養学にもとづく栄養試験であり、脚気問題と無関係の試験でしかなかったのにそれを上官の石黒にゆがめられ(彼は日清戦争での責任者であり白米にしたのが原因だと判明すると自分の責任が問われる事になる)て、さも脚気の原因を調べる実験であったかのようにされてしまった ④海軍の兵食改革に対する批判をしたのは日本の医学界全体 海軍では海軍軍医の高木兼寛によりたんぱく質の不足が原因とされ兵食を改善し脚気予防に繋げたといわれてますがこれは医学的に裏付けされたものではなかったので陸軍軍医部はおろか日本の医学界全体からも反論されています これに対する高木の反論も具体性に乏しく、東京大学医学部の大沢謙二や村田豊作らの反論で机上の空論と結論づけられています 鴎外個人の責任にすることは出来ず、日本の医学全体の責任と言うべきです ⑤海軍の脚気被害の実態 日露戦争時の海軍の脚気患者は87名とあり、それをもって白米を主食とした陸軍が大発生した点の批難の根拠にしているが日露戦争の頃から 「海軍は脚気をほかの病名にかえて脚気患者数を減らしている」 という風評があった。 実際に海軍の統計をみると、脚気の入院率が50%~70%と異常に高いことが指摘されている(通常、脚気の入院率は数%) 山下政三氏(『明治期における脚気の歴史』)によると 「脚気の症状と関連する神経系の病気の異常な多さ(全体の約8割)から、脚気が多数混入している事を否定できない」 と言われています 日清日露戦役の衛生記録には入院までは至らない軽度の脚気患者が多数出ていることも記されています その後、高木とその後任者たちのような薩摩閥のイギリス医学系軍医ではなく、栃木県出身で東京大学医学部卒の医学博士本多忠夫が海軍省医務局長になった1915年12月以後、海軍の脚気発生率が急に上昇しています。 海軍の脚気感染の実態はもっと多かったと思われます。 ⑥脚気の原因はタンパク質不足ではない ④でも触れましたが脚気抑制に成功したと言われている海軍が脚気の原因として主張したのはタンパク質不足であり、実際は大きく異なっていた(脚気はビタミンB1の不足による病気) これはカジュミシェ・フンクというポーランドの医者によって発表されたのが最初ですがこれは1914年という日露戦争後の事です 海軍も的外れだったんです ⑦鴎外が脚気の原因究明の中心となるのは日露戦争後 確かに日露戦争前に鴎外は上官の石黒に同調していますが上記の様に責任者ではなく、当時は多種多様にあった脚気原因の一つを述べているに過ぎない。 中心となるのも日露戦争後の1908年からでそれ以前の大流行を鴎外一人の責任にするのは筋違いです 脚気にまつわる日本軍の被害の責任を取れというなら森鴎外というより日本の医学界全体の責任というべきでしょう もっとも海軍自体もその被害数に疑念がある以上、脚気感染は当時の医学では救うことの難しいものだったと思いますね

0

別に軍事史、科学史上の記録から言えば、当時の「脚気」への対応だけで、森鴎外の軍医としての資質をうんぬん言うことはできないと思います。 どうも、なぜか日本では陸軍は間違っていて、海軍は(比較的?)正しいみたいに言う人が多いですが、そんな単純ではないし、実際、主張されている人はほとんど知識不足による錯覚なだけです。 そもそも、「脚気」の原因が、ビタミン(B1)欠乏によるものと医学会で、ほぼ結論付けられたのは1928年であり、1904-5年の戦争でのことで彼を責めるのは無理があります。 だいたい、海軍だって解決している訳ではありません。 当時の海軍では「タンパク質欠乏説」、というより、タンパク質を多めに給与したら少なくなったという事実から、「これでいいや」としていただけで、これは現在から見れば、輸送の問題などから、どうしても前線では食料が偏ってしまう陸軍に対して、そういうことの少ない海軍の方が、結果的に栄養供給がバランスが取れただけです。 また、海軍では当初、イギリス流のパン食を導入していて、兵の不評により量はどんどん減らしていますが、まだパン食も残っていたので偶然軽かっただけ、海軍もその理由を間違えて誤解しているのです。 そもそも、「脚気」が日本で完全に無くなったのは1960年代で、これはビタミンB1は吸収が悪く即応性が低かったからで、これに代わる即応剤が開発されたからです。いえ、それどころか、1970~80年代に、ジャンクフード摂食による「脚気」患者の再発が話題になったし、現代でも、医師が忘れてしまっただけで患者が潜在しているのではないかと心配する向きもあります。 ともかく、玄米食、あるいは米麦食が良いと科学的にわかった後でも、他の方も指摘するように「白米」を食べたい、しかも軍隊ぐらいでしかそれが実現しなかった庶民の間では、軍隊でもシツコイ禁令が出ているにもかかわらず、「白米」を炊いてしまうため、第二次大戦に至るまで、海軍でさえ年間「脚気」発病者の数は、毎年1400~1500くらい出ています。 他に原因を求めるならともかく、「脚気」を原因として失格というのなら、当時のほとんどの医者、もちろん海軍軍医も失格になると思います。 陸軍でも、ちゃんと定量の食事が取れれば、海軍と同じで、脚気が発病することはかなり防げたはずです(主食が白米でも副食類によって)。

1

たしかに彼は誤った説(細菌説)を支持した結果、犠牲者を出しました。 ただ、これが医師として失格の理由になるかは疑問です。なぜなら今でも誤った説の支持により必ずしも患者にとって利益となる治療ができるとは限らないからです。例えば、問題が明らかになる前にサリドマイドを妊婦に処方した医師は皆、医師失格なのでしょうか? 森鴎外の問題は自説に固持し、栄養バランスに気を遣った海軍で脚気による死亡者が少なかった事実を無視した点だと思われます。実情を無視し、明らかにおかしな説を支持し続けて使者を増やす行為から見れば森鴎外は医師失格であるといえます。 ちなみに私も医療系で先週の授業でちょうど脚気について出てきたのですが、、、教授、森鴎外をぼろくそに罵っていましたね。感情的に医学者としての森鴎外を受け入れられない医療者は多いのかもしれません。

1人がナイス!しています

0

所謂"明治新政府の新政策"の一つに国民皆兵が在りましたが、当時は国民の過半は農家だった事から、働き手を取られる皆兵は甚だ不評で、地方に拠っては"皆兵反対一揆"の様な事迄起こる始末で、当局としても困惑が無いでは無かった様です。 そんな時に出て来たのが、"軍隊に行けば、白い飯が腹一杯食える"と言う"白米キャンペーン"でした。 農家の跡取りであった長男を事実上徴兵猶予として居る事等を周知徹底した事とも合わせて、次三男の口減らし対策としての"皆兵政策"が軌道に乗る事に成りました。詰まり、"白米"と言うファクターは兵制を支えて行く絶対条件として、譲れ無い要素だったと言う事です。 軍医としての森麟太郎が、"白米こそは科学である"的拘泥を捨てる事が出来無かった背景には、以上の様な政治的要請に彼が無批判に従順したと言う事情が一つ有ると思われます。 実は、脚気に対しては"米糠を食べれば治る"と言う民間療法は古くから知られて居り、脚気対策が全く無かった訳でも無いと言う事が在りました。又海軍では、イギリスを手本とした事から、"胚芽入りビスケットで脚気を防ぎラム酒で壊血病を予防する"と言う、大航海時代以来の経験則が在りました。 森の極めて特異だった点は、此れ等の事実を前にしても"前近代的且つ非科学的俗習"と看做して全否定した事でしょうか。同じ陸軍軍医監部内でも可成りの危惧が在ったにも拘らず、可成り強引に彼は其処迄割り切って仕舞ったと言う事に成ります。 此の間の彼の動向を見るに付け、明治的立身出世主義の限界を見る様な感じさえします。結果からすると、非科学的とした彼の態度こそが、非科学の極みだったと言う事に成るでしょうか。若しも、彼が前近代的俗習の中にも科学性を見出す様な努力をして居ればと考えた場合、出世主義と創造性はツクヅク相入れ無いモノだと感じる次第です。 (|…o±\o

4

あなたの申される通りです、軍医としては失格と言うレベルでは有りません。 むしろ犯罪に等しい物です。 海軍は知っていたのですが、自説に固持して数万の将兵を殺しました。

4人がナイス!しています