ここから本文です

波の質問です

アバター

ID非公開さん

2012/5/1522:47:01

波の質問です

水面上の平面波が鉛直な壁に対して斜めに入射しているところを,真上から見た図である。 図中の実線は,ある時刻の入射波の山を表している。壁では自由端での反射が起こり,反射波が生じる。入射波と反射波が干渉して強め合ってできる山は,時間とともに図中の矢印 a~h のど の向きに移動するか。

補足となると、入射波と反射波は水平方向でどうして打ち合い消さないのですか。もっと詳しく説明してもらえないでしょうか。

入射波,反射波,実線,真上,平面波,垂直成分,反射角

閲覧数:
1,388
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

err********さん

編集あり2012/5/1615:37:00

壁に対して垂直な速さは、入射波、反射波とも同じで、更に右方向の速さを持っているので答えはa

補足へ
勿論、場所や時間によっては打ち消し合うところはある筈です。
壁に対して垂直な方向の、入射波と反射波の速さの大きさは同じで反対方向です。
となると、左右方向を考えないと合成波は定常波的なふるまいをします。
打ち消し合う地点(節)と強めあう地点(腹)が存在する筈です。
その内の腹の方が問題として出題されているものです。
図では入射角は45°位です。反射角はそれと等しくなるので、図の矢印で言うdとhの矢印の角度に反射しbの方に進んでいきます。
bの方向の速さの、壁に対する垂直成分が入射波の垂直成分と反対向きで同じ大きさになる為、合成波はcやgの方向には動きません。従ってa方向にのみ変位していきます。

アバター

質問した人からのコメント

2012/5/16 17:38:53

降参 ありがとうございます

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる