ここから本文です

お墓についての質問です。 戒名は、一つのお墓に何人まで書くことができるのです...

mat********さん

2012/5/2117:27:49

お墓についての質問です。
戒名は、一つのお墓に何人まで書くことができるのですか?
スペースさえ空いていれば、何人でも書き込んでOKなのでしょうか?

補足man_p_7様>回答ありがとうございます。今回は墓誌の考えはありません。一つの墓石に何人まで記入できるのか、という事です。

閲覧数:
1,768
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sou********さん

2012/5/2213:52:10

スペースがある限り書けるだけと言いたいところだけど
かろうとには限りがあるからスペース埋まるほど先祖の人
入ってないだろうし・・・・お骨撒いてみんなそこに納骨
すればスペースある限りかな~

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

enz********さん

2012/5/2122:24:14

ご先祖様のお墓を建立する時に教えて頂いたことを書きますね。

墓地が広い場合は、年数の経ったご先祖様は、五輪塔を立てて納める。
その横に夫婦で1基だそうです。(祖父祖母)(父・母)(私たち夫婦が入るころには祖父母は五輪塔へ)子供は横に並べずに手前の右の方に小さな石碑をたてる。(お墓にはお地蔵さんなどの仏像は×)
でも、現実、そんな、広い墓地がありませんので、中央に○○家先祖代々の墓石を作りました。参考までに

but********さん

2012/5/2120:04:08

大切な戒名を墓誌と言う記録版のみに刻んではなりません。
だって、墓誌には花立も線香立ても有りませんし、
手を合わせてもおりません、
従いまして仏とか供養として見ていない単なる記録版でしかありません。

戒名は正しく墓石の仏石へ刻む事こそ建墓の意味が有ります。
正面は家宗旨に則した南無阿彌陀佛とか仏種子を入れて何々家先祖代々とかになりますから戒名は刻みません。
戒名彫刻は古い先祖様から上座へ刻んでいきます。
向かって右面が第一の上座(涅槃門)、次が裏面(菩提門)で、末席が向かって左面の(修行門)です。
向かって右面と裏面は相続者の戒名を、
有ってはならないのですが、向かって左面は独身死者の非相続面になります。

戒名彫刻は、
標準サイズの8型墓石(横幅24センチ)で6名の戒名が刻めます。
3面ですから18名刻めます。
仏石へ刻める資格の文字は戒名のみですから、
いつ死んだとか何歳だったかの仏文字以外の文字は刻めません。
そう言った記録の文字を刻むために墓誌が有るのです。
仏石へ刻む仏文字の戒名のみを刻んで手を合わせているのです。
ちなみに、仏文字以外である建立者名と建立年月日を仏石の横や裏面へ刻んではなりません。
仏石を支えている下(人石)へ刻んで朱色を入れておきます。
しかも、向かって左面と言う下座へ刻みます。

man********さん

2012/5/2117:30:30

刻名先が墓誌と呼ばれる石碑でしたら、スペースさえあればOKです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる