沼田藩土岐家の人達は領国にいる時はどこに住んでいたのでしょうか?今は沼田城址公園になっていますが城も無ければ陣屋?も無い様子。幕末頃迄は建物があったのでしょうか?

沼田藩土岐家の人達は領国にいる時はどこに住んでいたのでしょうか?今は沼田城址公園になっていますが城も無ければ陣屋?も無い様子。幕末頃迄は建物があったのでしょうか?

日本史561閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

沼田藩は真田昌幸の嫡男で信繁の兄である信之の孫信利の時、家督をめぐって騒動が起きて、信利は敗れて沼田藩主として松代藩真田宗家から自立しました。しかし信利は宗家と張り合い、表高3万石、実高でも6万石の沼田を10万石と幕府に過大申告しました。石高があがれば軍役の負担も当然重くなり、沼田藩は悪政と重税に苦しめられ、信利は取り潰されて沼田城も取り壊されました。その後の藩主、本多家や土岐家は沼田城を再建しようとはしましたが、何分と財政難で両家ともに小藩。そのため、城はほとんど館に近い機能しかなかったそうです。 すみません。信吉は信利の父でした。信之の長男だったのですが、信之が長寿でしたから先に死んでしまい、藩主になれなかったんです。 領国の時は城下町に住んでいたと思います。

その他の回答(1件)

0

真田家改易のときに廃城になったあと沼田に入った本多家が館を造って藩庁としているので、そのあとの黒田家や土岐家もそのままま使っていたと思うのですが・・・沼田藩の参勤交代は12月参府の8月御暇なので国許には実質4ヶ月足らずのはずですが、国許・江戸詰の家臣の数はわからないので屋敷や生活のことは何とも言えません。 前にも似たような質問がありましたが、上述のように答えています。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1186420876