ここから本文です

2020年夏季オリンピック、東京、マドリード、イスタンブールに絞られました。東京...

tak********さん

2012/5/2409:59:36

2020年夏季オリンピック、東京、マドリード、イスタンブールに絞られました。東京の選出可能性は?

閲覧数:
2,221
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

got********さん

2012/5/2518:25:19

現段階では50%~60%だと思います。

現時点で一歩リードしているのがイスタンブールです。イスラム圏初の五輪を掲げていますし、トルコ経済の成長もありますし、
過去5度の立候補経験もあります。
IOCから指摘されている課題としては、2020年のサッカー欧州選手権にも立候補していること(IOCは大規模な大会を同じ年に開くことを禁じている)、インフラの未整備、国内の政情不安定による治安の悪化などが挙げられています。

現在2番手が東京。東京はコンパクトな会場計画や強固な財政基盤、インフラ、治安の良さなどがIOCの報告書でも高い評価を受け、3都市の中で最も高い評価となりました。
IOCから指摘されている課題は電力不足と支持の低さ。電力不足については、2018年~2019年に天然ガス発電所を湾岸部に建設するので解決できると思います。なのでやはり世論の支持が重要になると思います。

現在少し遅れを取っているのがマドリード。東京と同様に、運営面ではほぼ問題ないとされています。2016年の際はリオとの決戦投票までもつれ込んだ経験がありますが、これは前IOC会長のサマランチさんの影響力が相当あったようです。しかし、そのサマランチさんは2010年に亡くなられたので、前回ほどの票は集められないと思いますし、ユーロ危機による財政状況から見てもマドリードは難しいです。IOCの報告書でも財政面の評価は低く、指摘を受けていました。

東京の鍵は次の3つです。
①世論の支持を最低でも60%以上に上げる
【理由】2010年冬季のバンクーバーや2012年夏季のロンドンは6割ほどの支持で開催が決まっているので、最低でも6割の支持は必要です。

②アジア以外の票をどこまで確保できるか
【理由】2017年の冬季アジア大会は開催地に立候補する都市が出なかったため、日本が協力して札幌で開催することを受け入れ、アジアオリンピック評議会のアハマド会長が早々に東京支持を呼びかけていますし、2016年のときもほとんどのアジア出身のIOC委員は東京を支持しました。そのため、アジアの票20票ほどは確保できる見通しです。
しかし開催地になるには約100人のIOC委員のうちの過半数(約50票)が必要です。そのため、他の地域の票をどこまで確保できるかが鍵となります。

③リオデジャネイロの準備状況
【理由】最大のライバルであるイスタンブールは「イスラム圏初」を掲げています。同様に「南米初」を掲げて招致したリオですが、準備状況の遅れが指摘されています。そのため、リオの準備状況の進み具合もイスタンブールの可否に関わってくると思います。


イスタンブールと東京は対のような存在です。
IOCに取って見れば2008年の北京や2016年のリオのように若干リスクは伴うが「初の開催」を選ぶか。
それとも2012年のロンドンのように都市基盤の整った場所で「久しぶりの開催」を選ぶか。

これに尽きます。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ame********さん

2012/5/2617:10:55

可能性は十分にあると思います。
もし選択されたとしてもこれを断るくらいの勇気が今の日本には必要ではないか。

それどころか、2020年までに日本はどうなっているかを真剣に考えてください。
福島には広島に投下された原爆の5000倍の核が不安定な状態で眠っています。

石原知事はもう80歳までわずか。今、生まれた子供達のため未来の日本、世界を真剣に私達が考える時。

一人の知事の夢に同調して、ばく進するのは正しい事ですか?ぜひ皆さん教えて下さい。

kyu********さん

2012/5/2415:53:22

東京は3都市の中でもオリンピック開催には一番可能性の低い都市だと思います。

理由は開催地の地域性の問題があるからです。今年の夏のオリンピックがロンドン(イギリス)、2014年冬のオリンピックがソチ(ロシア)、2016年夏のオリンピックがリオデジャネイロ(ブラジル)、2018年冬のオリンピックが名前は忘れましたが韓国の都市となっています。

2016年、2018年と2大会開催されないヨーロッパにあるマドリードや決まれば初のイスラム圏での開催となるイスタンブールに比べると、2018年→2020年とオリンピックが2回連続で東アジアの都市で開催される可能性はとても低いです。

caz********さん

2012/5/2411:17:34

それくらい計算できるでしょう。
1/3ですよ。
私たちは東京の招致計画書は見て読めますが、マドリッドやイスタンブールの計画書はわかりません。
http://tokyo2020.jp/jp/plan/applicant/dl/TOKYO2020_all_jp.pdf
http://www.madrid2020.es/wp-content/uploads/2012/02/q_m2020.pdf
http://www.istanbul2020.com.tr/download/ist2020bidbookTR-EN.pdf
3都市の計画書をちゃんと読めて、IOCのミッションを理解している人だけがこの質問にちゃんと答えられるのですが、残念ながらその両方の条件を満たしている人がこの質問を見ているとは思えません。
そういう人が答えてくれない限り、1/3というのがまっとうな回答なんですよ。

来年9月の選挙は人気投票ではありません。
まず一番大切なのは「IOCのミッションを最もよく実現するのはどの都市か」という点です。
この点は各都市の「申請ファイルを読むこと」「各都市の訴えを聴くこと」「申請ファイルの信憑性を各都市の住民及びその国の国民の反応からみること」の3つでしか判断できません。
つまり申請ファイルが読めなければ各都市の選出可能性などわからないのです。
実施環境については既に昨日バクーとドーハが振り落とされましたから、もう関係ありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる