ここから本文です

嘘か本当かの昔話しなんですが、子供が高熱で死にそうな時に 育ての親が自分の目...

swe********さん

2012/5/3113:47:52

嘘か本当かの昔話しなんですが、子供が高熱で死にそうな時に
育ての親が自分の目と引き換えに子供を助けてください(両目刺して盲人になる)と
神様にお願いするという物語をずっと前に聞いたことがあります。

これって、最近2回目に聞きました。

昔はこういうことをしていたのでしょうか?
それとも、何かの物語(作り話)でしょうか??

閲覧数:
274
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gur********さん

2012/5/3114:45:12

精霊信仰に類する原始宗教(日本で言う所の神教)に通じる話っぽいですね。

”神様”と言うべきか、(超越した)力を持つ自分以外の何がしかに、対価を払って願いをかなえてもらう。
(鋼の錬金術師の等価交換の原則ではないですが、)願いを適える為には、願いの大きさに応じた対価が必要になり、その究極の形が、体の一部であったり、命だったりします。

日本で最も有名な例では、”人柱”でしょうか。
洪水を鎮める為、決して陥落しない城を作る為、旱魃の村を救う為、等など、幾らでも実例はありますが、生贄と言う形で対価を支払って、願いを適えてもらおうとした時代がありました。

その種の話の類の様に思います。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pet********さん

編集あり2012/5/3123:35:46

話の内容的には、私もアンデルセンの「ある母親の物語」を真っ先に思い浮かべました。
この話の場合は、子どもの魂を奪っていった死神に対して、母親がいろいろな試練を乗り越えたり代償を差し出したりして、子どもを返してほしいと訴えるのですが、結果的には願い叶わず、母親も泣く泣く納得せざるを得なくなりました。
この話はアンデルセンの創作で、直接のモデルとされるような特定の親子はいません。ですから、超自然的な存在を信じて自分の目を潰した女性が作者の知る範囲にいたわけではありません。
でも、他の回答者さまがたもおっしゃるように、科学的な思考の根付いていなかった時代には、人の生き死にや病気、天災などの問題解決のために、宗教的な方法に頼って、問題の大きさにみあうと考える代償を、生き物の体を使って払っていたことはあります。
もちろん人間の命なども例外ではありません。
他人の命を捧げることもあれば、自分自身が犠牲になろうという者もいたと思います。公的にも、場合によっては独断でも。
また、そういうことを容認する世の中だった時代もあります。

例の母親のような状況については、科学や医学の発達した今でも、大切な子どものためになる可能性があるなら(たとえ血のつながりがなかったとしても大切な存在なら)、自分の健康や、体の一部、命までも差し出して構わないという覚悟の親はいて、実際臓器提供などを強く申し出ることもありますよね?治療費を工面するために追い詰められて命をかけてしまう場合も考えられると思います。
頼る方法の違いと、それを世の中が受け入れるかどうかということが変わっているだけで、おおもとのところは同じだと思います。
そこまでしても念願が叶うかどうかほしょうの限りではないというところも。

なので、創作といえば創作なのですが、事実といえば間違いなく事実でもあると思います。
同じ状況の者みんながみんなではないにしても、そういうことをしていた人は確かにいたと思います。

hon********さん

2012/5/3115:28:48

物語だったらアンデルセンの「ある母親の物語」に似たようなエピソードがあります。
死神に連れていかれた子供を探す道程で目を犠牲にするシーンがあります。

ihy********さん

2012/5/3114:21:43

目はともかく、願掛けはありました。
簡単に言えば、条件を付けた神様との契約です。
子供の病気が治るまで好きな物を食べない、などです。
有名な話では、春日の局が幼少の徳川家光がの大病を直すため、「自分(春日)は一生薬を飲まないので家光を治してくれ」と願掛けをして、家光が治ったのでそれ以後薬は飲みませんでした。

han********さん

2012/5/3114:18:55

よくあるタイプの、身代わり話に思えます。
別に昔、そういう風習があったということではなく、そうまでして
子供を助けたいと願う親心を暗喩しているのでしょう。

そういえば、映画「運命のボタン」に似たような選択が出てきてましたね。
息子の両目を失ったままか、妻を殺して息子を五体満足で助けるか。
実に理不尽な選択だったので印象的でした。

chi********さん

2012/5/3113:49:48

聞いたこともない物語です。
どこかの、地方だけの何かの物語?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる