ここから本文です

鉄筋コンクリート構造に使われる鋼材について

kyo********さん

2012/6/823:33:28

鉄筋コンクリート構造に使われる鋼材について

よくわからなくて 困っています><


鉄筋コンクリート用棒鋼の種類には
熱間圧延丸鋼
熱間圧延異形棒鋼
再生丸鋼
再生異形棒鋼
があると、調べたのですが、
それぞれの使用用途とは 何でしょうか?。。

また形状による分類が

鉄筋コンクリート用丸棒と鉄筋コンクリート用異形棒鋼

というわけかたであっているのでしょうか・・?

閲覧数:
2,390
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cbt********さん

2012/6/917:35:03

通常は異形鉄筋と丸鋼の二つに分類します。熱間圧延は作り方の問題で
普通は冷間では作られないので無視して良いでしょう。

再生は材料にスクラップなどの再生材料を使用してる事に特徴があり
Jis規格でSDRとして認可されてますが通常の鉄筋-SD-より安価ですが
強度が低いので強度や性能を要求されない現場でしか使えません。

また鉄筋は鉄筋コンクリートを製造する為に作られてる製品ですから一々
鉄筋コンクリート用~と表記する必要はありません。

まとめて見ますと鉄筋はSDと再生鉄筋がJIS規格で認められていてさらに
形状によって丸鋼と異形棒に分類されてます。

使用用途は鉄筋コンクリートの材料で建築基準に従って使えば大体SDを
それ以外は再生を使う事が多いです。 となります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる