ここから本文です

株券失効制度(会社法230条3項)についてお聞きします。 とても細かい話なので...

ken********さん

2012/6/1102:53:45

株券失効制度(会社法230条3項)についてお聞きします。

とても細かい話なのですが、

株券喪失登録者が株券喪失登録をした株券に係る株式の名義人でないときは、
「当該株式の株主」は、
登録抹消日までの間は、株主総会又は種類株主総会において議決権を行使することができない。



とあるのですが、「当該株式の株主」というのは
①株券喪失登録者(株券をなくしちゃったよー!って言ってる人ですよね)
②株券に係る株式の名義人
のどちらになるのでしょうか?
はたまた両方をさすのでしょうか?

公認会計士や弁護士など詳しい方教えてください。

閲覧数:
758
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

zac********さん

2012/6/1108:07:25

現時点で株主名簿に記載のある株主です。
会社にとって誰を株主として認定するか判断できない状態になっているので、関係者の誰にも議決権を行使させない、という趣旨です。
もちろん喪失登録者も議決権行使できませんが、この場合「株主」ではありません。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる