ここから本文です

連合に付いてですが、旧総評系労組と旧同盟系労組って元々不仲だったのですか?

lov********さん

2012/6/1313:21:43

連合に付いてですが、旧総評系労組と旧同盟系労組って元々不仲だったのですか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
8,811
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ido********さん

2012/6/1319:50:21

総評は、自治労、日教組、国労(旧国鉄)など官公労系が中心で、当時の日本社会党を支持していました。

これに対して同盟は、ゼンセン同盟、自動車総連、電力労連など日本の主要産業の労組が中心で、当時の民社党を支持していました。ちなみに民社党は、日本社会党の右派が(左派と袂を分かち)離党して結成された政党です。

同盟は、左翼全体主義に対して厳しい態度を取りつつ、企業とともに労働者も豊かになっていく(日本の成長を支える企業の労組でしたから)ことを掲げており、民主社会主義を標榜しつつも、現実的な路線をとってきたと言えます。

そういう意味で、元々の仲は良くなかったと言えると思います。
同盟が中心となって連合が結成され、非自民の野党が集まって民主党が結成されましたが、民主党内の議員グループでも、旧社会党系(横路グループ)と旧民社党系(川端グループ)はきっちり別れていますね。

「旧総評」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる