ここから本文です

覚せい剤で地獄に落ちた元・朝日新聞記者は社会復帰できますか? 産経新聞が ...

yam********さん

2012/6/1810:21:10

覚せい剤で地獄に落ちた元・朝日新聞記者は社会復帰できますか?

産経新聞が
薬物依存の更生施設を特集しています。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120421/trl12042112010002-n1.h...

,

【法廷から】
元朝日記者も参加を希望
薬物依存の更生施設「ダルク」で薬物売買の実態
2012.4.21 12:00 (1/3ページ)[法廷から]


薬物依存者の社会復帰を支援する民間団体「日本ダルク」(東京都荒川区)の本部施設内で覚醒剤を所持していたなどとして、覚せい剤取締法違反(所持)の罪に問われた入所者の男性被告(57)の初公判が19日、東京地裁で開かれた。 「ダルク」は前日の18日、同罪で有罪判決を受けた朝日新聞元記者の男性被告(33)も依存脱却に向け、回復プログラムに参加する意志を示していた組織。 その参加者同士で薬物を売買する実態が、法廷で明かされた。

(時吉達也)



起訴状や検察側の冒頭陳述などによると、入所者の男性被告は覚醒剤の前科3犯で、昨年2月にダルクに入所。 同12月になり、別の入所者の男(41)=同罪で起訴=から再び覚醒剤を購入するようになった。 今年2月に情報提供を受けた警視庁荒川署が家宅捜索したところ自室から覚醒剤数グラムが見つかり、逮捕、起訴された。被告は初公判の冒頭、起訴内容を認めた。

再び覚醒剤に手を染めることになったのは、依存者同士が集まり自分の状況を説明しあう「ミーティング」の最中だったという。

《○○町でクスリが手に入る。(ミーティングに参加中の)××さんにも声をかけて》

ダルクを通じ知り合った男から誘いのメールが入り、約5年ぶりに薬物を解禁した。その後も数回取引し、逮捕された際に所持していた覚醒剤は入所する本部内で購入したという。

被告人質問で、被告は男がダルクの参加者らと薬物売買していることを知った時の状況を振り返った。


検察官「男が(別の入所者と)クスリの受け渡しをしているのを見た時、どんな気持ちでしたか」

被告「興味津々で。ちょっとくらいならいいかな、と考えてしまいました」

検察官「クスリをやめたくてダルクに入ったんですよね」

被告「誘惑に勝てませんでした」

回復支援の場が、薬物再使用を促す場になっていたのか。証人として証言台に立ったダルクの施設長の男性は意外にも、その疑問を否定しなかった。

証人「施設は薬物依存症の患者が集まるところ。依存者が薬物に手を出すのは、当たり前なんです」

弁護人「尿検査はするんですか」

証人「人権の問題もある。施設で覚醒剤を使っていると判断した場合に、本人の任意で行っていますが…」

検察官から施設内の薬物取引について再発防止策を尋ねら・・・

閲覧数:
1,865
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tng********さん

2012/6/1817:13:20

続きが気になる・・・><

質問した人からのコメント

2012/6/23 16:01:11

驚く 無理!無理!

社会復帰できるわけないでしょ?

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kka********さん

2012/6/1820:00:41

元オウム信者とどちらが社会復帰が早いかみものだな。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる