ここから本文です

ジャッキーチェーンはエキストラだったのに 何故スターになれたの?燃えよドラゴン...

kyo********さん

2012/6/2219:12:07

ジャッキーチェーンはエキストラだったのに 何故スターになれたの?燃えよドラゴンにもエキストラで出てました。 ブルースリーのシリアス路線を真似しなかったのが成功の要因? ジャッキーの魅力はなんですか?ブルースリーの方がかっこいいよね

閲覧数:
374
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

con********さん

2012/6/2219:29:16

ジャッキーは当初、急死したブルース・リーのアトガマ的に主役に
抜擢されて、ブルースの「精武門(邦題:ドラゴン怒りの鉄拳)」の
続編、「新精武門」に出演し、一応の知名度は上がりましたが
香港映画界が再活性化するほどの影響はなく、それが逆に
作品に自由度を持たせるきかっけになったのか、ジャッキーの
アイデアが採用されるとそれがヒットし、もともと折り合いの悪かった
ロー・ウェイの元を離れ、レイモンド・チョウらと組んでヒット作を
連発し、香港での人気を不動のものにしました。
ジャッキー自身が目指す「動きの美しさ」と、ややファニーな風貌を
活かした(彼自身はコンプレックスだったようですが)コミカルな
アクション、魅力的な人物設定などで、徐々に海外でも評価が
上がって行きました。
彼がこだわるのは「オンリーワンのカット」であり、納得できるカット
が撮影されるまで、決して妥協はしませんでした。その積み重ねが
「本編」となって上映されるので、作品には手抜きも感じませんし、
超人的な活躍を表現する事ができたのです。それはまばたきの
タイミングまで及んだとも言われています。
ジャッキーには確かに運もあったとは思いますが、その運を呼んだのは
彼の情熱にほかならないと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

whi********さん

2012/6/2223:11:19

ジャッキー・チェンはエキストラではなくスタントマンからアクション俳優になったのです。
ブルース・リーが亡くなった直後は第二のブルース・リーをたくさん作り出し、ジャッキー・チェンもその中の一人でした。
当時ブルース・リーを発掘したロー・ウェイはジャッキー・チェンにブルース・リーと同じ路線、スタイルを引き継がせようと強引にしましたが、ジャッキー・チェンは反発して今のカンフーコメディというスタイル、路線を確立させました。
ローと白紙契約書問題でもめてローに拉致され、ジャッキー・チェンのマネージャー、ウイリー・チェンとゴールデンハーベストのレイモンド・チョウとジミー・ウォングに助けられ、ジャッキー・チェンへの投資という名目でローに契約違約金を支払いました。
黒社会とのパイプを持つジミーへの恩返しということで「ドラゴン特攻隊」にノーギャラで出演しました。

ブルース・リーは確かに凄い人で今でもブルース・リーを尊敬して崇拝している人はたくさんいます。
ブルース・リーがいなければ香港映画が世界でハリウッドで知られる事もなかったし、ジャッキー・チェンやジェット・リーらがハリウッドに進出して成功もしなかったでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる