ここから本文です

(ジャズ名盤シリーズージャズ編2) マイルス・デイヴィス「カインド・オブ・ブル...

dnp********さん

2012/7/307:48:07

(ジャズ名盤シリーズージャズ編2)
マイルス・デイヴィス「カインド・オブ・ブルー」はあなたにとって名盤ですか?

新(ジャズ名盤シリーズ)スタートしております。これまで通り

音楽雑誌等で「名盤」と一般的に言われるアルバムを皆様が実際どう評価されているか是非お聞きしたくのスタートです。
内容はジャズ編、フュージョン編、ジャズ・ボーカル編、日本のジャズ編の大きく4つに分けて質問させて頂き最終的に各上位100枚を選出したいと思います。

尚今回より評価はよりアルバム毎の差を付けるため従来の0.5刻みではなく
10点満点で(名盤=8.0以上、平均的なアルバムを7.00とお考え下さい)0.1点刻みで評価下さい。また今まで設けていなかった最低点を5.00点(たまに極端な低い点数をつけられる方がいて平均点を大きく下げてしまうため)とします。
コメントおよび特にお勧めの1曲あれば従来通り是非宜しくお願い致します。
アルバムジャケットの評価も宜しかったら同様に(10点満点)お願い致します。

ジャズ編第2弾はこれも皆様良くご存知名盤中の名盤です。このアルバムも中学時代に買った数少ないジャズのアルバムです(記憶をたどって出来るだけ私自身が買った順番に近い形で取り上げようと思っています、これからジャズを聴こうと思われている方の参考にでもなれば嬉しいです)。1959年録音、マイルスがグループ・サウンドを追求していた時期の傑作で、いわゆるモード奏法を語る際にかならず引き合いに出されるアルバム。キャノンボール、コルトレーンとの3管の編成の妙、エヴァンスの参加等話題にも事欠かないアルバムです。1曲目のイントロ聞いただけで今でもゾクゾクしますね、では回答宜しくお願い致します。

1. ソー・ホワット
2. フレディ・フリーローダー
3. ブルー・イン・グリーン
4. オール・ブルース
5. フラメンコ・スケッチ
(全曲聴けます)
http://www.youtube.com/watch?v=hB669XXjnUg&feature=related

マイルス,アルバム,キャノンボール,ジャズ編,コルトレーン,ウィントン・ケリー,フレディ・フリーローダー

閲覧数:
507
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jam********さん

2012/7/310:45:48

まず最初に、アルバム10点満点、ジャケット7.0点。

まぁ、カッコよすぎる一枚です。
何がカッコいいかって、言葉なんぞではとても表現できません。
これが音楽の凄みですね。

「ソー・ホワット」でテーマのあとマイルスが入ってくる箇所(1:30くらい?)は、個人的にジャズ史上屈指のさぶいぼポイントです!

このアルバムには二人の偉大なピアニストが絡んでいますね。
ビル・エヴァンスと「フレディ・フリーローダー」に参加のウィントン・ケリー。
両者のピアノ・スタイルの違いは、曲のタイプによるところがあるとはいえ、初めて聴く人でもよくわかると思います。

オススメの1曲は「ブルー・イン・グリーン」。
とりあえず何年も音楽聴いていますが、やはり、この世に生まれた最も美しい音楽のひとつ、としか言いようがないです。

質問した人からのコメント

2012/7/9 08:10:48

先ずは唯一の回答有り難うございました。このアルバム余りに有名過ぎて皆様回答躊躇されたのでしょうか?もう少し様子見ますがジャズ名盤シリーズ存続の危機です(苦笑)。余り難しく考えず素直な評価で良いと思うのですが・・・。仰るように「カッコイイ」音楽だと私も思います。どうも有り難うございました、また是非宜しくお願い致します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる