ここから本文です

初冠の若紫ってなんの比喩ですか?

the********さん

2012/7/1322:36:06

初冠の若紫ってなんの比喩ですか?

閲覧数:
3,589
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rug********さん

2012/7/1400:19:21

初冠、つまり元服を済ませたばかりの男が、美しい姉妹を垣間見たという話
ですね。
若紫と言うと源氏物語を思い出してしまいますが、ここでは若々しく美しい
姉妹を「紫草のようにきれいなあなた方」と例えているのです。
紫草、ごらんになったことがありますか? その名の通り、紫の染料がとれる
のですが、花は白くてとても可憐です。
歌で「信夫摺り(しのぶ草を擦りつけて作る染め物)」に触れているので、
染料になる紫草はぴったりな比喩ですよね。

質問した人からのコメント

2012/7/15 21:40:03

降参 ありがとうございます! テストでやくにたちました。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる