ここから本文です

寿司について質問です。

iuu********さん

2012/7/1514:32:16

寿司について質問です。

寿司職人は絶滅危機に陥っていると思います。機会がハイテクになればハイテクになるほど職人は絶滅の階段を上っていくと思います。すし丸の社員でもすしを握っていたぐらいですから(本当ですよ。だって握っているのを見ていたんですから。)。すし職人は健在だと思いますか

閲覧数:
275
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mic********さん

2012/7/1517:41:45

回転寿司等と職人が握る寿司は全く別物です。
本当の寿司を食べたい人はいますよ。

機会は同じようにしか作れませし、ネタは載せているだけだしね。
職人は、魚を見て仕込みを変えるし、いろいろな条件で、シャリの量・シャリの硬さ・わさびの量など変幻自在で握れます。
同じように握ったシャリに同じ量のわさびを載せてネタを載せただ家の寿司なんて本物ではないですよ。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

vn_********さん

2012/7/1518:08:59

私が住んでいる国だと、
回転寿司マシンのメーカーも進出しましたが、
簡単に敗退しました。
その他の国でも味は当然、
見た目も楽しい所は流行っています。

私が住んでいる国だと、
回転寿司マシンのメーカーも進出しましたが、
簡単に敗退しました。...

tm1********さん

編集あり2012/7/1515:00:17

単に寿司職人といっても・・・・範囲が広いですね。。

回転すしや宅配すしなどの低価格店舗での、、基本的に仕込みで知識・経験・技能を必要としない寿司職人は、今後も増えるのでは??

しかしながら、
「江戸前寿司」に代表される、いわゆる「仕事をした寿司」を作る「寿司職人」は確かに減少傾向、激減といっていい状態にあります。
質問者さんは「握り(にぎり)」を上げていますが、握りなど、、ほんの一部の技能であり、、江戸前においては、仕入れ、下処理、本処理など、、仕込み段階での「技」・技能・知識・経験が求められるんです。
「素材の見極め」「シメ」「煮」「焼き」などなど、、、「江戸前寿司」って奥が深いんですよ!

dyn********さん

2012/7/1514:35:20

私は逆に回転寿司は廃れて昔からある寿司屋が繁盛するとみています。
なぜなら回転寿司は接待に使えませんし、ファミリーの寿司離れが加速しているからです。
元々寿司屋は接待や食通のたまり場でしたから、本当の味がわかる人以外は店の方から淘汰されるでしょう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる