ここから本文です

解剖学においての神経支配、作用、栄養するとはどういう意味ですか?

ali021_9さん

2012/7/1614:54:24

解剖学においての神経支配、作用、栄養するとはどういう意味ですか?

閲覧数:
9,884
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sw_basilさん

2012/7/1703:37:28

ある筋肉を動かすのに働く神経、また、ある皮膚領域の感覚を伝えるのに働く神経を「神経支配」といったりします。
例えば、表情筋の支配神経は顔面神経、顔面の皮膚感覚は三叉神経支配など。

「作用」という言葉に関しては意味が広いので一言で説明するのは難しいですね。
筋肉に関して言うなら、どういった動きに関わるのか、その効果を表します。例えば上腕二頭筋の作用は肘関節の屈曲・回外です。
また、ホルモンの作用といったら、ホルモンの効果、
ホルモンが作用する器官といったら、ホルモンが働きかける器官、
とも言い換えることが出来ます。

「栄養する」とは、主に“血管が分布”していることを表します。
例えば、冠状動脈は心臓を栄養する、と表現した場合、冠状動脈が心臓に酸素や栄養分を送っているということです。栄養している血管が梗塞を起こした場合、栄養されている領域は壊死してしまいますよね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。