ここから本文です

電界効果トランジスタ問題

Maxwell1864xさん

2012/7/2020:45:13

電界効果トランジスタ問題

電界効果トランジスタに図のようなバイアスが与えられているとき, ドレイン電流の値を求めなさい. ただし,各定数は以下の値を用いること.

VGG = 0.8 V
IDSS = 3.9 mA
VP = -2 V
RL = 680 Ω

回答お願いします
電流IDSSはドレインソース間電流ってことでしょうか?

ドレイン電流,ドレーン,電界効果トランジスタ問題電界,3.9 mA,電流IDSS,VGG,2乗カーブ

閲覧数:
376
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jya********さん

2012/7/2023:49:19

トランジスタのような3端子の素子でIDSSのように4文字で表わす場合、一般的に次のような約束事があります。
最初のIは電流、Vなら電圧です。
次の2文字がどの端子間かを表わし、この場合ドレイン、ソース間ですね。
最後が、残された端子をどう処理した時の特性かを表わし、この場合、残された端子はゲートです。
Sはショートで、暗黙にソースと短絡した時、すなわち質問図でいうならVGGを0Vにした時、という意味です。
まとめるとIDSSは、ゲートとソースを短絡した時の、ドレイン・ソース間電流という意味です。

ドレイン電流を求める問題は、
VGG=0のとき、ドレイン電流はIDSS=3.9mA、
VGG=VP=-2Vのとき、ドレイン電流は0(VPはドレイン電流が流れなくなるゲート電圧を表わします)
さて、VGG=-0.8Vのとき、ドレイン電流はいくら流れますか?ということなんですが、
VGG対ドレイン電流はどこまでの近似が求められるのでしょうかね?
直線近似では誤差が大きくなるでしょうし、2乗カーブの方がより正確な近似になります。

直線近似でよければ、(2-0.8)/2 ・ 3.9mA=2.34mA

2乗カーブ近似なら、ドレイン電流をiDと書くと、
VGG=-2VならiD=0mA・・・これが頂点で
VGG=0VならiD=3.9mAの点を通る放物線カーブは
iD=3.9m/(-2)^2 ・(VGG-(-2))^2
=3.9m/4*(VGG+2)^2です。
合っているかな?
VGG=-2ならiD=0になりますね
VGG=0ならiD=3.9mになりますね。
求めるVGG=-0.8なら、
iD=3.9m/4・1.2^2=3.9m/4*1.44=1.404m(A)
と近似出来ます。

質問した人からのコメント

2012/7/27 17:17:22

降参 ありがとうございます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる