ここから本文です

神主と宮司ってどちらの方が偉いのでしょうか? また、よく神社等にいる青い袴の...

key********さん

2012/7/2414:54:15

神主と宮司ってどちらの方が偉いのでしょうか?
また、よく神社等にいる青い袴の男の人ってなんと言うのでしょうか?

閲覧数:
1,921
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ket********さん

2012/7/2416:10:28

神主とは神道の神職をさす言葉です。身分は特級から四級まであり、例大祭などに着用する正服(衣冠)は決まっています。
特級 - 黒袍(輪無唐草紋)、白奴袴(白八藤紋)、冠(繁紋)
一級 - 黒袍(輪無唐草紋)、紫奴袴(白八藤紋)、冠(繁紋)
二級上 - 赤袍(輪無唐草紋)、紫奴袴(薄紫八藤紋)、冠(繁紋)
二級 - 赤袍(輪無唐草紋)、紫奴袴(無紋)、冠(繁紋)
三級 - 紺袍(無紋)、浅葱奴袴(無紋)、冠(遠紋)
四級 - 紺袍(無紋)、浅葱奴袴(無紋)、冠(遠紋)

礼装(=白色無紋の衣冠)は「斎服」といい、身分に拘らず、白袍(無紋)、白差袴(無紋)、冠(遠紋)。
常装(=狩衣)で狩衣、差袴(色目は正服に準ずる)、烏帽子。狩衣の色目・紋様は禁色(天皇、皇太子が着用する色)を除いてまったく自由。狩衣は小祭、恒例式(大祓式)の他、地鎮祭、各種祈願祭等、その他の神事に着用する。

神社内での役職順位を職階と言い、一般的には、宮司(ぐうじ)・禰宜(ねぎ)・権禰宜(ごんねぎ)が置かれているそうです。
簡単にいえば、宮司は神社の代表者、権宮司は副代表、禰宜は宮司の補佐役、権禰宜は一般職員。

ですから普通の神社の神職さんはみな浅黄色の袴を着ていてもおかしくないようです。

質問した人からのコメント

2012/7/25 15:39:39

降参 ご丁寧な回答ありがとうございました!!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる