ここから本文です

積立方式と賦課方式の違いって何ですか?

aup********さん

2012/7/2516:07:28

積立方式と賦課方式の違いって何ですか?

閲覧数:
470
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

abc********さん

2012/7/2520:46:02

積立方式とは、引退世代となったときに受け取る年金の原資を現役時代に自分で積み立てる仕組みです。自分の積み立てたお金が引退してから戻ってくる(利息などが加わって)ことです。自己責任の原則に基づき、自分の年金を自分で準備するのです。
この場合、積み立てる時期と年金を貰う時期がずれるので、その間に貨幣価値が変わることが問題になります。貰うときになって物価が大きく上がっていれば役に立たなくなる危険があるのです。

賦課方式とは、引退世代の受け取る年金をその時の現役世代から徴収する保険料でまかなう仕組みのことです。現役世代がその時の引退世代の年金給付をまかなうのです。
この場合、保険料を集める時期とそれを年金支払いに充てる時期が一致するので貨幣価値に差はなくなり、物価上昇の影響はなくすことができます。その代り、集める保険料と支払う年金のバランスが問題になります。

質問した人からのコメント

2012/7/25 21:00:18

詳しく教えていただいてありがとうございます!!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる