ここから本文です

リスニング教材 英語、リスニング力をオーバーラッピング、シャドーイング、デ...

raa********さん

2012/7/2617:50:00

リスニング教材

英語、リスニング力をオーバーラッピング、シャドーイング、ディクテーションを通して上げていきたいと思っています。

ラジオ英会話をやっていますが、英文量の少なさが否めません。

1か月、たったの12文です。それと基礎英語1~3のシャドーイングをやってます。

ですが、もっとリスニング量を増やしたいです。何かおすすめの教材、雑誌などは無いでしょうか?(ポッドキャストとかはなしでお願いします。)

アルクのヒアリングマラソン中級用が良いと聞きましたが、3万円以上して、1か月にすると5000円以上の出費です。学生の自分には手が出せません。(良い物に出会えなかった場合買うかもしれませんが)

上のリスニングトレーニング法以外にもおすすめのやり方があったらそれも教えていただけるとありがたいです!

自分のレベル
センター英語リスニングほぼ満点
英検2級リスニンングほぼ満点
VOAは簡単過ぎて寝てしまいそうになる。
ESLはスクリプト無しでも内容理解が出来る。
BBC NEWSなどは全然聞き取れない

(これくらいしか情報無くてすいません・・・)

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
943
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sta********さん

2012/7/2810:48:36

VOAが簡単でBBC NEWSが難しい事言う事でしたら、比較的簡単なニュース英語を選択して聞いてみると良いと思います。
http://119eng.com/のVideo Files というセクションは比較的簡単なニュース英語やHow to みたいな動画も見る事ができます。

質問した人からのコメント

2012/8/1 20:32:24

降参 確かにレベルは最適でした!ありがとうございます!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sek********さん

2012/8/107:03:14

実は、リスニング教材でどんなに一生懸命勉強しても、英語のヒアリングが完璧になることはありません。その理由を解説します。

中・高校では発音記号どおりの発音しかないかのような授業を行っていますが、実は、英語には、文字にすればひとつでも、いくらでも音を変化させて話すことができるという性質があります。私たちはそのうちの一通り(=発音記号)しか覚えていないので英語が完璧になるはずがありません(日本人がヒアリングを苦手とする真の理由がここにあります)。しかも英語教師は、たとえその事実を知っていても生徒には説明しないため、完璧にならない理由もわかりません。それにつけこんで金儲けをしているのが英語産業であるという関係があります。各種リスニング教材も、録音されている通りに喋ればネイティブに通じるので間違いではありませんが、録音されているのが唯一の発音であるかのように思い込ませる内容になっている点でインチキといえます。詳しくは以下を参照してください。

文科省は国民に説明していませんが、英語には発音記号どおりとは違った言い方ができます。発音記号どおりにどんなに早口でしゃべっても、洋画等で聞くような流暢な発音にはならないことからもそれが理解できるはずです。より詳しく言うと、英語では、どんな文でもいくらでも(無限に)違った言い方をすることができます。縦横無尽に音を変化させて話すことができると表現してもいいでしょう(このことはネイティブが普通に話すのがわかるようになれば理解できることですが、目に見える形で示すことはできません。ただし、ネイティブでさえもはっきりと英語が様々な言い方のできる言語であることを言わないことからも、教えられないほどたくさん違った言い方が可能であることは推測できるでしょう。)。例えば、Wait a minute.は中・高校では「ウエイト ア ミニット」という言い方しかないかのような授業を行っていますが、ネイティブが普通に話すときは「ウエイ ミニ」「ウェーデ ミニ」等、様々な言い方をします(流暢な発音といっても、実は、このように一通りではないのです)。「ウエイト ア ミニット」という言い方しか覚えていなければ、「ウェーデ ミニ」と言われても、Wait a minute.のことだとはわからないでしょう。これが覚えた単語も聞こえてこないと悪名高い英語の授業の致命的な問題点です。他の具体例は、洋画のDVDでセリフと英語字幕を比較してみてください。ほとんどのセリフは複雑に音を変化させて話しているため、覚えた単語が含まれていても聞き取れないのは当然だということが自分の目と耳で確認できます。
英語のできる者たちはそれだけなら問題ないのですが、実は、英語が様々な言い方のできる言語であること、そして、発音記号はそのうちの一通りでしかないことを知っています(これの確かめ方は最後に紹介します)。ネイティブが普通に話すのがわかるようになると同時に気づくのです。しかし、それらの事実を留学未経験者が知らないほうが有利なため、普通は絶対に他人には教えません。ゆえに、横柄な者に対しては、人間のクズを見るような目でにらみつけながら、「なぜ英語の授業がインチキであることを告発しないのか」と問い詰め、血を吐くまで人格を否定してやるのがいいでしょう。
英語は単語の意味や文法を教えることはできますが、発音に上記の性質があるため、授業形式ですべての発音を教えることはネイティブでさえも技術的に不可能です。日本にある英会話学校に通って英会話ができるようになった人がいるという話を聞かないのも、外国人講師が発音記号を覚えただけの日本人でもわかるようにしゃべっているだけで、いくらでも音を変化させて話すことができるということを説明することもないため当然です。
どのような言い方をされても理解できるようにするためには、留学経験者が留学中、無意識のうちに行っていたように、ネイティブどうし(ひとりではだめです)が普通に話しているのを何もわからなくてもひたすら聞いて慣れることにより、縦横無尽な音の変化に対応できる脳を作るという方法しかありません。一年ないし二年これを行えばだれでもペラペラになることは、留学経験者を見れば明らかです。
【確かめ方】知人に留学経験者がいたら、「どれくらいでいろいろな言い方ができることに気付いた?」と尋ねてみてください。「半年」「一年くらい」という答えが返ってきますので、それにより、留学経験者は英語が様々な言い方のできる言語であることを知っていることがわかります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる