ここから本文です

慰謝料の妥当な金額について教えてください.

mik********さん

2012/8/302:14:00

慰謝料の妥当な金額について教えてください.

昨年4月末に、追突事故に遭い(当方の過失は0)、むち打ち症になった主婦ですが
示談をすることになり送られてきた損害賠償額の計算書を見て慰謝料の少なさに驚いています。
車には、私(運転席)、主人(助手席)、子供(後部座席)が乗ってましたが、子供は、無事でした.
私は、専業主婦で、子供の送迎(小学生と高校生)と母の介護をしています. 主人は、体調不良で昨年2月~現在まで休職しています.
私も主人も、外傷性頸部症候群・腰椎捻挫で、全治2週間という診断でしたが、実際は・・・

-私-
★総治療日数: : 342日 (H23.4.25~H24.3.31 )
★通院日数 : 102日

治療費 : 1207025円
通院交通費 : 31170円
休業損害 : 478800円(日額5700円×84日)
慰謝料 : 459334円(弊社基準により積算しております)
後遺障害 : 750000円(自賠法施行令別表第2第14級9号に該当)

お支払い額:1724304円

握力が、事故前 左右35kg あったのですが、現在、右14kg、左13kg(一時、左右9kg)
運動障害として、頸椎部の
前屈 35度 後屈 10度
右屈 15度 左屈 15度
右回旋 70度 左回旋 40度 が、残ってます.(3/31後遺障害診断書より、現在は、もっと回らず)

-主人-
★総治療日数: : 344日 (H23.4・30~H24.4.7)
★通院日数 : 70日

治療費 : 623873円
通院交通費 : 21000円
慰謝料 : 555127円(弊社基準により積算しております)
後遺障害 : 750000円(自賠法施行令別表第2第14級9号に該当)

お支払い額 : 1331127円

任意保険基準の計算で出された慰謝料額なのでしょうか?
任意保険基準は自賠責保険基準の慰謝料より金額が少なくなってしまうようですが・・・。
84日という日数もどこから出た数字か分りません。(★通院日数 : 102日 )

日々の生活で、ちょっと無理をすると、首からの頭痛と長時間座っていられない腰痛があります.
天気が崩れると、頭痛薬が手放せません.
無知なことをいいことに保険会社のいいようにはされたくありません。
こちらで相談させてもらい少しでも知識を身に付けて
保険会社の担当の人に詳しい説明を求めようと思いますので、
宜しくお願いいたします。

補足私の治療費内容
A整形外科 919259円(器具等による治療・理学療養士による運動リハビリ・レントゲンは、4回(25枚位撮ってます)
B総合病院 46176円(腰のMRI)
C脳外科 46890円(首~頭部のMRI)
D薬局 194700円
------------
合計 1207025円 と記載されてます.

閲覧数:
1,255
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

松浦さんの画像

専門家

2012/8/1100:25:34

交通事故の慰謝料について

奥様の方を中心に回答致します。
主婦の休業損害以外は、ご主人様も考え方は同じです。

交通事故の慰謝料は、通院期間や回数、後遺障害の等級で変わります。
慰謝料の基準は、任意保険の基準と裁判基準等をがございますが、通院回数の多い、奥様の方が少ないのは、任意保険の基準としても、何かの間違いとと思います。

任意保険の提示はありますので、裁判基準で回答します。
裁判基準で、総治療日数: : 342日だと赤本 (別表Ⅱ)で、概ね金118万円程度となります。

自賠責保険基準・任意保険基準・裁判基準につき
http://mutiuti110.jp/kijyun.html
http://jiko110.org/accident/standard.html


休業損害 : 478800円(日額5700円×84日)
5,700円というのは、自賠責保険の主婦の休業損害です。
84日は、独自の算出方法です。
例えば、半年間の通院回数が84日とか、そういった算出方法をしていると思います。

裁判基準(主婦の休業損害)
裁判基準では、女性労働者の全年齢平均の賃金を基礎として請求します。
平成20年度は年間、金3,499,900円で1日あたり約金9,589円となります。

ですので、上記のケースでは、損保会社の計算方法でも休業期間は84日と仮定した場合、9,589円×84日=金805,476円の請求は可能でしょう。

後遺障害慰謝料は14級9号は、金110万円です。
後遺障害慰謝料
http://jiko110.org/kouisyou/isyaryou.html

後遺障害逸失利益(主婦)
年収3,499,900円×4.329(ライプ係数5年)×5%(喪失率)=金757,553円
通常の主婦の休業損害は女性労働者の全年齢平均賃金、3,499,900円で計算します。
その場合は、逸失利益は757,553円となります。

後遺障害14級9号の場合は、逸失期間は2年から5年とされていますので、こちらの主張としては5年を主張すべきです。

大まかなイメージは、下記のHPを参考にしてください。
http://jiko110.org
http://mutiuti110.jp


なお、裁判基準で請求できて、その金額辺りで折り合いがつくのは、行政書士等の専門家に依頼した場合です(他の方の知恵袋の回答より)。

なお、今回の回答内容は、交通事故・後遺障害の専門家である行政書士の実務経験に基づいて回答しております。
http://mutiuti110.jp/publicnotary/zidanzirei.html
http://jiko110.org/settlement/settlement.html

大変だと思いますが、頑張ってください。
以上です。


尼崎市(大阪市)の交通事故・後遺障害専門の行政書士が回答致しました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

松浦さんの画像

松浦 靖典

行政書士

交通事故専門の行政書士です。お節介な程熱意をもって接します。

[お知らせ] 全国対応・毎月3名 限定無料キャンペーン! 後遺障害・異議申立の等級認定の可能性を無料判断 □ 傷みやしびれ等が残っているけど、申請すれば後遺症に認定される? □ 等級の認定結果が非該当だった、なんで認定されないの? やむち打ち症状...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ks9********さん

2012/8/414:07:57

後遺障害の賠償は、後遺障害慰謝料と逸失利益です。
提示はお二人とも75万円ですが、これは自賠責からでる後遺障害慰謝料と逸失利益の合計の限度額です。つまり、最低の額といえます。

交通事故紛争処理センター等の利用では、次の額になると思いますので、利用されることをお勧めします。

14級では
●後遺障害慰謝料: 90~120万円(裁判基準で)
●逸失利益: 年収の5%の67歳まで(年数は個別に決められます。9号なのでおそらく3~5年)

後遺障害以外の賠償額も増えると思います。

また、奥様の場合、運動障害もあり症状が重いようですが、14級が妥当なのかも調べたほうがよさそうに思います。

tan********さん

2012/8/307:39:58

あなたの治療費だけで自賠責の範囲を超えているので、任意保険基準になります。
任意保険基準が自賠責基準より減るのではなく、自賠責基準が特別なだけです。

あなたは、健康保険を使って治療をしていましたか?
(交通事故でも健康保険は使えます)
治療費の1日あたりが10,000円を超えているようなので、いったいどんな治療をしていたのでしょうか?
病院に行かず、接骨院あたりで施術していたのでしょうか?


ところで、あなたは任意保険に加入していないのですか?
相手が100%の過失だから、あなたの保険は関係無いと思い込んでいませんか?
相手が100%の過失の場合、あなたの保険会社は相手と交渉は出来ません。
でも、相談は出来るし、保険内容によってはいろいろ対応してもらえます。

あなたの加入している保険会社に相談すれば、慰謝料のことも、知恵袋で得られる回答より、有効な回答が得られます。

oor********さん

2012/8/304:21:09

担当と交渉で納得すれば必要ないが、深刻な状況じゃろうから、ここを見てみるがええ。

交通事故紛争処理センターで教えてもらえる。予約待ちじゃが、今よりはっきりするじゃ。

http://www.jcstad.or.jp/

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる