ここから本文です

マイホームのお茶だし。後悔しています。 気にし過ぎでしょうか?

yfa********さん

2012/8/816:25:57

マイホームのお茶だし。後悔しています。
気にし過ぎでしょうか?

先月中頃から着工がはじまりました。
仕事がちょうど忙しく、プライベートもバタバタしており、基礎屋さんへのお茶だしが全くできませんでした。この暑い時期、何もださなかった事かなり後悔しています。
夫も仕事仕事で、マイホームの事はほぼ任されています。私も仕事、家事、二人の育児に、ちょうど金欠だった事もあり持っていくタイミングを逃してしまいした。
しかも!無知な私は本工事と基礎屋は別だという事を深く考えておらず、落ち着いてから。。と思っていたところあっとゆー間に基礎が完了しており、後から基礎屋は別だったんだ!と気付いてしまう始末です。

上棟はきちんと挨拶、差し入れはしたのですが、基礎屋さんへの事が心残りで。。
気にし過ぎでしょうか?

私が素人目でみる限りは、普通に基礎をうってありました。

閲覧数:
11,316
回答数:
11
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lun********さん

2012/8/1417:41:48

基礎屋にお茶だしする人はほとんどいないでしょう。丁寧な方なのですね感心しました。普通は大工さんにお茶だししますけどそれほど頻繁にはしません。なぜなら大工さんも気を遣わなければならないから。自分にできる限りでいいのです。それが相手にとってもいいペース。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/10件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

xit********さん

2012/8/1409:22:27

日本建築の伝統的な特長は


木の性質を理解したうえで

長所を生かし短所をカバーするような

先人からの素晴らしい技術を

綿々と受け継いでいたことであります



ですが

社寺や堂宮のように

大きく予算をかけられる建物では


版築基礎であったり

石の上に柱を立て
足固めという柱材で繋ぐような

非常に手間隙かけた
(基礎)の作りが可能でしたが


一般の民家では

「土台」という

簡易な構造による基礎か殆ど採用されていました



御承知のように
今の日本の住宅は

工期短縮とコスト削減だけを課題にしているために


化学物質をたっぷり含んだ
張り物の木材を工場で機械加工し

木組みではなく

ペラペラの鉄メッキ金物でつなぐ構造になっています


そして
サイディングとビニールクロスを張り付けて

一丁上がりとなるわけです



ですが
基礎だけは

伝統的な
版築や石場建てには敵わないにしても


しっかりと地質調査をしたうえで

極めて頑丈なベタ基礎が作られます


場合によっては
杭を打つことさえあります


これは
ビル建築の技術から流れて来たものだと思います


現在の住宅建築において

唯一
「手造り」がされている部分であり


この基礎の出来不出来が

家の寿命を決定していると断言して差し支えありません


ですが
「手造り」であるがために

職人や請負会社によっては


合格点には至らない基礎も多く存在するのも事実です


そうした基礎は
ひび割れとかジャンカ等で

素人目にも明らかに分かるのですから


質問者殿の家の基礎は


良い基礎を打ってあるのだと思って良いでしょう



こんな良い仕事をしてくれた基礎屋に対し

質問者殿が感謝の気持ちを持つのは全く自然であり


「気にすることありませんよ」

などと回答している人がいるのは


人情が薄くなった
現代の世相を反映しているかのようです



「今はローンで手一杯で何も出来ませんが」

「お茶代の代わりにどうか受け取って下さい」

「良い仕事をしてくださり本当にありがとう!」


素直に飾らずに
こう言ってビール券の何枚かでも

工務店を通してお渡ししたらいかがでしょう


いかつい顔をした彼らでさえ

涙を流さんばかりに歓喜するのは間違いありません



「そんなこと何の意味ないよ」

「基礎はメンテナンスすることなどないんだから」


こう言う人も多いかもしれませんが

そんなことは断じてありません



良い行いも悪い行いも
必ず報いが現れます


世の中とはそういうものです





建築には

作った人の気持ちが
宿っているのです

ksy********さん

編集あり2012/8/1505:31:16

田舎の基礎施工業者です。ありがとうございます。
そのお気持ちだけで充分だと思いますよ。

某メーカーの下請けをメインに施工させていただいておりますが、
職人にお茶など出さないのは、当たり前のような感じになっております。
お客様も時間的に都合がつかないということもあるでしょうし、
メーカー担当者からもお茶のご心配はありませんと言うようです。
お客様と一度も顔を合せなかったということも珍しくありません。

我々はお客様からお金を頂いて工事をさせてもらっております
(あたりまえですが(^^))。
私にとって、頂いた仕事はどれも一つ一つ大切な現場です。
お茶をいただけないと言って気分を害したり、ましてや手を抜くなどありえません。

もし、どうしてもお心残りであれば、工事担当者を通して
お気持ちを業者に伝えていただいてはいかがでしょうか?

naz********さん

2012/8/911:24:50

新築の場所が近いから心配したのでしょう。私は家を建てた時は隣りの市なので、お茶出しは2,3回くらいでした。基礎工事は知らないうちに出来ていました。職人は弁当や茶は持参してるので今後は一切不要ですと言ってました。お茶が出ないから手を抜く職人は殆ど居ないと思います。

des********さん

2012/8/904:46:54

大工です。

気にし過ぎですよ。
律儀な方ですね。

新築現場には基礎屋さんを含めて20以上の業者さんが出入りします。

また現場に一番長くいる大工でも、お茶出しを当然と思っていません。

あるとありがたい、心遣いと思います。

お茶出しがない事でお客様に不利益になる事はありませんので安心して下さい。

もし心遣いをされるなら、ご負担のない範囲でお願いします。

あまり手厚くされると大変に嬉しいですが、恐縮してしまいます。

あまり気にしないで下さい。

yum********さん

2012/8/818:23:12

確かに気にすることは有りません、でもお施主さんが現場に顔を出して頂くと職人さんの顔も解り楽しいです、解らない事など質問したり、人間関係も楽しいです、小生が現場管理するときはお施主さんに10時、3時のお茶出しは心配しないようお願いして、新築で¥30.000円、改造で¥10.000円お願いしています。このお金を棟梁に渡して職人の湯茶接待を依頼します、必ず現場からお施主さんが訪れると[ご馳走様です]、有難うございます、などお施主さんにお礼の言葉が出ます。御参考に!!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる