ここから本文です

香典の表書きについて質問です。 「御霊前」「御香典」「御香料」「御華料」と ...

oba********さん

2006/9/100:17:24

香典の表書きについて質問です。
「御霊前」「御香典」「御香料」「御華料」と
色々種類がありますがそれぞれ意味があるのでしょうか!?
使い分け方とかあるのでしょうか!?
なぜこんなに種類があるのでしょうか!?

閲覧数:
183,461
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aeg********さん

2006/9/110:51:07

質問例のように言い方が千差万別でややこしくなる気持ちも理解できます。
そこで現実の葬儀・法要を眺めると必ず霊前・仏前・墓前に手向けられるものは生花です。それは宗派にとらわれず同じ現象です。
小泉首相が先の靖国神社参拝では、献花料という名目を使いました。
そこで、仏式・キリスト教式に関しては、故人の死後の日にちに関わらず生花を手向ける意味合いで御供花料。神社神道では元々、故人の死後の日にちに関わらず御霊前ですから、この名目を使用すればよいということになります。
因みに、御霊前とは、仏式では七七忌日以前の故人に使う言葉でまだ仏になっていない状態から来るのです。
御香典とは口語で、香の臭いがする典(儀式)という意味合いで、この場合の香とは線香の臭いで線香の臭いがする儀式つまり葬儀を表現しています。
御香料とは、線香を手向ける代わりに金員を贈る意味です。
御華料の華の字(輝かしい、はなやかな意味合いですので)は通常使用せず、御花料です。生花を手向ける代わりに金員を贈る意味合いです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yel********さん

編集あり2006/9/108:56:13

「御霊前」は、亡くなってまだ、天に召されない前の霊の状態ですので、仏式、神式、キリスト教式の葬儀でも使われます。

「御香典」は、霊前にそなえる品(香=線香、抹香)です。
「御霊前」と同じく仏式の葬儀の場合に使われます。

「御香料」も、同じお香代(線香、抹香)ですので、仏式も葬儀を含め法事なども使われます。
同じものとして「御華料」「御香華料」などあります。

仏式は四九日を過ぎると「ホトケ(仏)」となりますから、以後は「御仏前」となります。
※「御仏前」は「香典」とは言いませんので使う際は注意してください。

神式は日本の神様に、玉串(御榊(オサカキ))をあげますので、「御神前」「御玉串料」「御榊料」と書きます。
また、「御神饌料」は神に供える意味でも使います。

キリスト教は、仏式と神式とは違いますから、「お花料」「お花輪料」「ミサ料(プロテスタント)」と書きます。

なんでこんなにあるかは、人の死から霊は皆共通ですが、その後の行き先が「極楽(仏教)」だったり、「黄泉の国(神道)」だったり、「天国(キリスト教)」などで違うのですよ。

おどぴさん

編集あり2006/9/100:36:47

葬儀の時に出すものか、四十九日など後の法要の時に出すものか、によって違ってきます。

また、仏教かキリスト教か神式かなどで違うようです。
「仏」という言葉は仏教で使うものですしね、
キリスト教なら、まあ本来は葬儀にそんなお金を渡したりしないんですが、
日本の風習にならって、お悔やみのしるしとしてお金を渡す時、
キリストなのに「仏」を使っちゃマズいでしょう。
(「霊」は使う事もあるようですが…キリスト教でも聖霊とか言いますしねえ…)
お花を捧げるので、「お花料」とする場合が多いようです。

神式も同じ。神社は仏の管轄じゃありません。神様と仏様はちがうもの。
お払いやお祈りをする時に玉ぐしや榊を捧げるので「お玉ぐし料」「お榊料」としたりしています。

詳しくは参考URLご参照ください。
http://www.jpkameya.com/sub10/tenugui/noshi.htm
http://www.e-sogi.com/sanretsu/koden1.html

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる