ここから本文です

牛乳には、無脂乳固形分や乳脂肪分といったものの、パーセント表示がなされてい...

sss********さん

2012/8/1403:13:15

牛乳には、無脂乳固形分や乳脂肪分といったものの、パーセント表示がなされていますが、いったいどうしてこの様なものの表示がされているのですか?

閲覧数:
258
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

can********さん

編集あり2012/8/1510:43:19

牛乳は工業製品では無いので、牛の個体やその時の餌、気候、季節によって、牛乳の中身が濃い薄いという現象が出て来ます。
なので、酪農家と乳業会社でも、脂肪分(バター原料)それ以外の成分(脱脂粉乳原料)の含有量によって買取価格を変化させていますし、行政も商品としての牛乳の定義として、脂肪分とそれ以外の固形分の最低限の基準量を定めています。
商品としての「牛乳」だと脂肪分3・5%以上、脂肪以外の固形分で、8・3%以上なくてはならないというようにです。

なぜ、脂肪分と脂肪以外の無脂固形分なのかと言うと、昔から牛乳は、バターと脱脂粉乳の原料としての取引が主流で、バターの主成分が脂肪分。脱脂粉乳の主成分が無脂乳固形分だったので、今でも、牛乳の評価は脂肪分量と無視固形分量で評価されているためです。

質問した人からのコメント

2012/8/20 17:06:32

とても詳しくありがとうございました。初めて知りました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる