ここから本文です

端数が出る遺言書の取扱いについて

ペーパー申告命さん

2012/8/1613:29:26

端数が出る遺言書の取扱いについて

母が亡くなりました。相続人は、姉・わたし・弟の3人です。
母は、公正証書遺言を残しており、A社(非上場)の株は、姉とわたしが2分の1ずつ、という内容でした。
ところが実際に母の名義で持っている株式は、105株でした。
2分の1となると、端数が出ます。分けられません。

遺産分割協議をやり直せばよい、とのアドバイスもいただきましたが、
弟が母の遺言の内容自体に不満をもっているので、ハンコを押してくれるかわかりません。

もし、この遺言をそのまま使用したい場合、A社の株式はどういう扱いになるのでしょうか。
①姉かわたしの、どちらかに寄せてしまう
②姉とわたしの確認書で対応できる
③相続人全員の協議書(の書き直し)がどうしても必要

補足他にも財産はありますが、各々の遺留分(1/6)はは満たしております。
質問の回答に関する実務の取扱いについて、回答をお願いします。
民法上の法定相続分は1/3であるなど、当前の話のみを記載するのはご遠慮ください。

閲覧数:
1,099
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kur********さん

編集あり2012/8/1614:43:45

本来法律上、姉と質問者様、弟の3名が各1/3ずつ相続を有します。

お母さんの遺言で非上場の株を姉と折半とありますが、財産としては
それが全てでしょうか?

相続できない弟さんには「遺留分請求」出来る権利があり、本来法定上
貰える権利の1/2は上記遺留分請求権を訴えれば渡さなければいけません。


※補足拝見しました。
まず質問者様の提示した質問内容(相続条件の記載)が纏めきれていないです。
弟云々と書いているのに、姉とだけの分割協議の話をしかつ弟は納得いかない
からサインをしないとか…

それはおいておいて、本題に戻ります。
基本的に姉と質問者様との間での協議で双方が納得すれば良い話であって、
不動産などの「分割できない財産」と同じに考えます。
したがって大凡は①or②になりますが、その「非上場株式」の分けられない額を
金銭で弁済する方法があります。
(105株ならそれぞれ50株ずつ分配、残りの5株については現金化して分配)

①のどちらかに寄せる場合でも、双方がその条件で承諾してサインをするので
あればそれで構いません。
(質問者様が、姉に鐚1文相手には多く渡したくないのであれば、
現金化→金銭分配が相当だと思います)

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

zac18617さん

2012/8/1615:29:02

52株ずつ分け、残りの1株を共有にするか、1株につき会社との合意で買い取ってもらい代金を分ける、ということになるでしょうね。

会社法162条に、非公開会社の株主の相続人は会社との合意で株主を買い取ってもらえる規定があります。なお、議決権等を行使してしまった後ではこの取り扱いがができなくなるので早めに結論を出した方がいいですね。

tri********さん

2012/8/1614:33:12

おそらく母親は
株式も分割できると『誤解』して
そのような遺言をしたと思われますが

実際は株式の分割には
事実上・法律上の制限があり得ますので

今回の場合
102.5株との現物分割は不可能な場合もあります。
(最高裁 平成12年7月11日判決 民集54巻6号1886頁)
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?hanreiid=52266&hanreiKbn=02

したがって
現物分割が不可能なのであれば
たとえば姉の単独所有にして
姉があなたに対し指定相続分に相当する価額を弁償する

以上のような形で分割する事になります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる