ここから本文です

酒税法の最低酒造量について。

sam********さん

2012/8/2417:39:11

酒税法の最低酒造量について。

酒税法(その他関連法令)には最低60kl生産しなければ行政から許可が得られないとなっておりますが、「60kl
」というのは、おおよそどのくらいの量なのでしょうか?

1kl=1000l
ですので、
60kl=600000l
一リットルの日本酒ビンが一般的と考えた場合、60000本の日本酒を蒸留できる設備がないと行政からの許可が下りないということでしょうか?

地ビールが流行したのは、酒税法の規制が緩和されたからという話を聞いたのですが、地ビールを生産している地方の小さな会社でも年間60l(すなわち、60000l)生産しているということなのですか?
教えてください。 お願いします。

閲覧数:
1,226
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cus********さん

2012/8/2420:46:40

年間60キロリットルですから一度に1リットル瓶6万本製造する必要はありません。
年間でそれだけ製造すればいいです。
地ビールについても同じ。1日約160リットルで1年60キロリットルの計算です。
蛇足 日本酒を蒸留すると焼酎になります。日本酒を醸造ですよね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる