ここから本文です

急性前骨髄球性白血病だとなぜDICがほぼおきるんですか?

lov********さん

2012/8/3118:27:52

急性前骨髄球性白血病だとなぜDICがほぼおきるんですか?

閲覧数:
9,323
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

can********さん

編集あり2012/8/3121:59:13

こんにちは。
急性前骨髄性白血病は前骨髄球という細胞が腫瘍性増殖する病気です。
この前骨髄球は健常人の骨髄内でみられる前骨髄球と違い豊富なアズール顆粒の前骨髄球のほかにAuer小体を有するFaggot細胞と呼ばれる特異な細胞が出現します。
これらの顆粒などには組織因子やプラスミノーゲンアクチベーターが含まれ、それが放出されて線溶亢進優位のDICを引き起こすわけです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる