ここから本文です

結果的加重犯の教唆犯について 基本犯の行為と重い結果との間に相当因果関係があ...

kou********さん

2012/9/119:16:17

結果的加重犯の教唆犯について
基本犯の行為と重い結果との間に相当因果関係があれば、結果的加重犯の教唆犯が成立すると思うのですが、この「基本犯の行為」とは教唆者の基本犯の教唆行為のこと

を指しているのか、それとも被教唆者の行為のことを指しているのか、どちらなのでしょうか?

閲覧数:
976
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ココさん

編集あり2012/9/120:07:13

結果的加重犯の教唆犯についての通説的見解は、「正犯を教唆して基本犯にあたる行為を行なわせた場合、それによって生じた相当因果関係の範囲内での重い結果は、教唆行為によって生じたと評価できる」つまり「教唆行為」と重い結果の間に相当因果関係があれば、重い結果への教唆犯が成立するとします。

質問者さんが書かれている「基本犯の行為と重い結果との間に相当因果関係があれば・・・」は「基本犯に対する教唆行為と重い結果との間に相当因果関係があれば・・・」ではないかと思います。

もちろん、教唆犯が成立する前提として、正犯に結果的加重犯が成立することが必要ですが、この「正犯の結果的加重犯」の検討の中では、基本犯と加重結果との間の相当因果関係が必要とする説も有力です。なので、正確には、①正犯の結果的加重犯の成立、②結果的加重犯の教唆犯の成立、の2箇所で相当因果関係の検討は必要です。

質問した人からのコメント

2012/9/1 20:11:07

ありがとうございます!!!!

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる