本能寺の変で、信長が、燃え盛る炎の中で敦盛を舞ったのは本当ですか?

日本史738閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

「敦盛を舞ったのは本当ですか?」 本当ではありません、ね。 何の信頼できる史料もないのです。 ですので、本能寺炎上の中で舞った、というのは本当ではなく、桶狭間出陣時に敦盛を舞ったとの、『信長公記』の記述を基にしての、現代の小説や映画、TVドラマなどの脚色・創作(虚構)なのでしょう。

0

信の性質・性格だが諸君たちも多少は想像できよう多くの文献にて・さて舞うなどする訳がねえぞよkitigaiとなるにゃも・信は物事の大半をとにかく急ぎせかせる男である・・これは他の一族には無い特徴であるのだとにかく恐ろしく短気な所が何事に於いても約であるが85%いつも表面化する・・このだな信長が敵に囲まれ総攻撃を受けておるのである精々防御と女子の退避を大声で叫ぶ以外何もなしである・・恐らく戦いながらも頭の中では後何秒持たせるか瞬時に頭は超高速回転しここで終わりだ直後自害であろうぞ・・これだけの事である巷間色々言われておるが全部デタラメの妄想である、(^・(信)・^)

0

この時に必ず出てくるのが敦盛です。本当か嘘か? 記録も無く記録を取る人も居ない状況下、さすがのフロイスも日本史には書いていません。しかし敦盛を舞うのは信長らしく、嘘か真かを詮索するより、良い信長の最後の姿だとは思えませんかね。

0

戦いの最中ですので実際はそんな事する余裕なんてないでしょう。時代劇の演出だと思います。

0

後世の創作というか想像。 「信長公記」では逃げ延びた侍女の話として、最初信長は明智軍相手に弓で戦い、弓の弦が切れて目前に明智軍が迫ったので今度は槍を自ら振るって戦った。 しばらくして肩を負傷したので戦線を退き、女達に脱出を命じると奥の間に入って自害したという。 しかし、奥の間に入ってからの事は侍女の想像でしかないと思われ、現場にいた侍女ですらこの程度の証言であるから、敦盛を舞ったとかは後世の創作もしくは想像といわざるをえない。