ここから本文です

被害額が同じなら詐欺と窃盗、どちらの犯罪が罪が重いですか?

get********さん

2006/9/1800:22:06

被害額が同じなら詐欺と窃盗、どちらの犯罪が罪が重いですか?

閲覧数:
5,753
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nip********さん

2006/9/1801:07:57

状況によって異なるともいますが、
詐欺は最高刑が懲役10年、窃盗も最高刑が懲役10年ですが、
「又は」罰金刑も選択できますので、
法律上は、窃盗罪が軽いということになります。
(窃盗罪では、懲役と罰金は合わせて科することはできません)

質問した人からのコメント

2006/9/24 21:10:50

驚く そうですか
回答有難うございました

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ohn********さん

2006/9/1807:49:56

窃盗罪(刑法第235条)の法定刑は、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金であり、詐欺罪(刑法第246条)の法定刑は、10年以下の懲役です。

また、懲役の短期は1月となります(刑法第12条第1項)。

窃盗罪の懲役も詐欺罪の懲役も、長期10年短期1月で同じですから、刑法第10条第3項により「犯情」によって刑の軽重が定まります。

窃盗罪に罰金の選択刑があることは、刑の軽重に影響を及ぼしません。

刑法第235条(窃盗)
他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

刑法第246条(詐欺)
①人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。
②前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

刑法第12条(懲役)
①懲役は、無期及び有期とし、有期懲役は、1月以上20年以下とする。
②懲役は、刑事施設に拘置して所定の作業を行わせる。

刑法第10条(刑の軽重)
①主刑の軽重は、前条に規定する順序による。ただし、無期の禁錮と有期の懲役とでは禁錮を重い刑とし、有期の禁錮の長期が有期の懲役の長期の2倍を超えるときも、禁錮を重い刑とする。
②同種の刑は、長期の長いもの又は多額の多いものを重い刑とし、長期又は多額が同じであるときは、短期の長いもの又は寡額の多いものを重い刑とする。
③2個以上の死刑又は長期若しくは多額及び短期若しくは寡額が同じである同種の刑は、犯情によってその軽重を定める。

uwa********さん

2006/9/1800:27:19

法定刑がほぼ同じなので、どちらが重くなる、と言うことはないと思います。
ただ、詐欺は没収刑、窃盗罪は罰金を併科出来ます。事情によって、どっちも重くなる可能性があるかと思います。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる