離婚したい男と離婚したくない女。。。

補足

ありがとうございます。回答者の判決予想は概ね美元さんの圧勝…裁判官が彼女の人格障害を黙過する限り、政伸さんは残忍な蜘蛛の巣に引っ掛かった哀れな蝶ですね。candy popuriさんの回答は興味深い…サイコパスが個人だけでなく国家さえも蝕む奇病で、政伸さんと今の日本が同じ症状の患者に攻撃されている事実に愕然★高島家の暗い過去を臭わせて夫の強迫観念を糾弾する自己愛者が夫への純愛を叫ぶ姿は滑稽なパラドックスですね^^

家族関係の悩み2,056閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

0

マスコミやネットを通じて流される情報が真実とは限らない。 裁判中にも関わらず、美元側が不利な情報ばかり垂れ流しで、ちょっと意図的な匂いがしませんか? そりゃ、自称芸能人みたいな何のバックもない女タレントより、芸能生活○十年のファミリーの方が芸能界じゃ強いでしょう。 その強さの恩恵を受けたい人達が、そっちに有利な情報を流してるのは当然ではないですか。 裁判中というのは、その内容が報道されたり、どちらか一方が不利または有利になる情報が流れるのはNGが基本でしょう。 それが垂れ流しである事に率直に違和感を覚えました。 お二人に会った事もないので何ともわかりませんが、「どっちでも良い」だけです。 それから 蛇は執念深いというイメージも嘘です。 実際、蛇は何ヶ月に一度ぐらいしか餌を食べませんから、殆どの餌になるネズミやカエル等はスルーされてます。 空腹時、獲物を追う時に必死なのは他の動物も同じですね。 さらに耳や目が悪く、非常に神経質で臆病なのですぐ逃げます。 時々、人間が噛まれたりするのは、蛇を捕まえようとしたり、気づかずに踏んでしまった場合です。 『追いかけてくる』なんてのは、蛇と同じ方向に逃げているだけなんで道を譲ってやれば良いとか。 せっかく久しぶりの食事中でも、危険を察知すると餌を吐き出して逃げ出し、また何ヶ月も食べなかったりするぐらいですから。 基本は『すぐ逃げる動物』です。 イメージなんてそんなものでしょう。

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意
0

美元は火病であり、結局金が取れるだけとるつもりやろ

0

自己愛性人格障害(サイコパス)や火病の人って基本あんな感じですよ。 美元さんが特別なわけではありません。 あの粘着性と執着が普通に出来てしまう人格障害です。 『自分が得すれば誰が損しようが傷つこうが構わない』という考え方なのです 自己愛性人格障害と言うのを普通の人は知らない。そして想像がつかないのです。 自己愛性人格障害の人間はマイナスの事をプラスで相殺する事が出来ないんです。 自分と相手が同じ力で殴りあったとしても『殴られた』という事に対し相手を恨む事しかできません。 自己愛性人格障害って個々の人だけでなく『サイコパス的国家』と言うのもあります。 自国の利益になる事であればとことん相手を食い物にし、たとえどんなに恩を受けても感謝せず、過去の恨みを延々と引きずり相手に対する憎悪を膨らませるのです。そういう人や国家と離れようとしても『食い物に出来るうちは離さない』のです。何としてでも寄生しむさぼりつくします。そして相手に何もなくなったら簡単に興味を失い捨てるのです。 サイコパスの被害から逃れる方法は『絶対に手を差し伸べず距離をとる事・絶対に近づかない事』これしかありません。 サイコパスについて広く認知される事、そう言う人間が存在する事、そう言う人間への対処法などを多くの人が知るべきなんです。そういう悪魔の様な人間がいる事を知らない心の優しい『困った人には手を差し伸べてしまうタイプの人間』はあっという間に餌食となります。オリンピックや高島家の騒動、昨今の韓国や中国の行動は火病やサイコパスについて皆が知るいい機会だったと思います。 高島政伸さんが財産も何もなくなって一文の得にもならないとわかった瞬間に美元さんの高島への興味と執着は消え失せるはずです。高島さんは一度全てを失わなければたかられ続けるでしょうね。たとえ離婚しても

0

短い交際期間で相手の本性を見極めるのは難しい、気を付けろ!!という例ですね(笑)