ここから本文です

自宅を新築(2×4工法)で建築中です。次の2点、特にアンカーボルト?について教...

アバター

ID非公開さん

2012/9/2423:36:40

自宅を新築(2×4工法)で建築中です。次の2点、特にアンカーボルト?について教えてください。

現在は1階の床、壁、天井(一部)まで終わっています。そこで、質問なのですが、

①1階壁はだいたい、耐力壁が入っていますが一部はまだです。そこで、土台からアンカーボルトがまだいくつか出ているのですが、いくつかがあきらかに斜めになっています。特にコーナー部分です。まだ壁がない部分なのでホールダウン金物ではないのかなと思います。土台を置いた段階で曲がったのかと思います。(もしかしたら、その前?基礎検査しているはずですが・・)
これは、特に問題ないのでしょうか。どうしてそうなったのか、またどうやって直していくのでしょうか。

②床(合板)の上に段ボールを置きっぱなし(釘などの部材入り)で、最近の雨で段ボールはボロボロ、下の合板は黒ずんだ色になっています。ほかの場所は水たまりのようになっていましたが、乾いたら問題ないような色になりましたが、段ボールを置いていた場所だけカビが生えたように真っ黒です。これは、段ボールが床にこびりついただけでしょうか?

初歩的な質問ですいません、現場監督にどのように伝えればいいか分からなく、また少し不安になってしまいました。
宜しくお願いします。

閲覧数:
423
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rei********さん

編集あり2012/9/2512:36:11

1、アンカーボルトが明らかな斜めなど論外です
構造体で最重要工事のひとつであるアンカー打ちがこれでは話になりません
一事が万事です。この工務店はアンカーだけでなく全ての工事でいい加減な業者と言えますね。この先が思いやられます

2、構造用合板主体のツーバイで最も注意しなければいけないのは雨です
ツーバイは屋根を最後にかけるので建築中に雨天になれば壁や床は絶対濡らせてはなりません
理由は説明すれば小学生でも分かります
では説明しましょう…
構造用合板はベニヤ板を強力な接着剤で固めているから本来の強い強度が出るのです
合板はベニヤ板を積層していますが濡れると一枚一枚が水を吸います。水は縦・横・斜どこからでも僅かな隙間から入り込みます。各ベニヤ板が僅かながら水を吸うと各板は、それぞれ僅かづつ膨張し合板の最大の要である接着剤の強度が著しく低下します。ベニヤ一枚一枚の膨張は僅かでも合板一枚となるとかなり膨張します
水が乾いても各板は元通りには絶対戻りません。見た目には分かりにくいですが各板は自由な方向に反ったままです。接着剤強度ガタ落ちの合板になります。セロテープを一度剥がすと粘着力が無くなる原理と同じです
後は単なるベニア板の集合体に過ぎず構造計算された机上の強度とは程遠くなります
耐震性はかなりガタガタの家になります。併せて耐震工事も追加したほうがいいかも知れません

もはや壁は難しいですが濡れた床は全て張り替えですね
本来は絶対に濡れないよう養生すべきでした。カビなど論外中ね論外。乾いてもカビは取れません。実にいい加減な業者です

業者に文句を言っても難しいでしょう。合板の水濡れだけでは建築違反に問えないので
業者は張り替えしたくないのでアレコレもっともらしい屁理屈を並べるでしょうが所詮は子供ダマシの論法で合板に水を吸わせてはならない事は常識です
ネットで調べれば分かることです

アバター

質問した人からのコメント

2012/9/27 07:44:33

降参 詳しい説明ありがとうございました。監督に相談してみますね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる