ここから本文です

ミステリー小説を読みたいのですが、数が多すぎてどれを買っていいのか分かりませ...

ayr********さん

2012/9/2522:30:16

ミステリー小説を読みたいのですが、数が多すぎてどれを買っていいのか分かりません。

予測できない展開やトリック、驚きの結末がある明るい感じのものが好みで、ホラーっぽいのは苦手なのですが、何かお勧めの作品や作家はあるでしょうか?みなさんの意見聞かせてください。

閲覧数:
246
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rin********さん

2012/9/2721:06:56

浦賀宏明さんの「彼女は存在しない」
今邑彩さんの「そして誰もいなくなる」
長岡弘樹さんの「傍聞き」
長沢樹さんの「消失グラデーション」
若竹七海さんの「クール・キャンデー」「ぼくのミステリな日常」
笹沢 左保さんの「どんでん返し」
あまり有名どころでないものを選びました。どれもどんでん返しが素晴らしいです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

osa********さん

2012/9/2708:26:05

踊るジョーカー

コージーブックスの本

富豪刑事

tor********さん

2012/9/2617:39:52

京極夏彦さんの京極堂シリーズです。
先ずは、「故穫鳥の夏」を読んでみてください。
又、ミステリーといっていいのかわかりませんが、道尾秀介さんもお勧めです。
先を予測出来ないというてんでは両者共通ですが、前者は少し怖いかもしれません。しかしこれはミステリーとして許容できる怖さなので、大丈夫だと思います。

是非!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる