ここから本文です

多嚢胞性卵巣でルナベルを飲んでいます。

mym********さん

2012/9/2613:54:55

多嚢胞性卵巣でルナベルを飲んでいます。

1シート飲み終わりきちんと生理がきて、今は2シート目の5日目です。
吐き気などはおさまってきましたが、ニキビが改善しません。
多嚢胞なのでもともとフェイスラインにたくさんあるのですがピルで改善を期待していたのにそれどころか少し悪化したように思います。

まだ2シート目なのでもう少し続ければ良くなっていくのでしょうか・・?

もちろん個人差はあると思いますがルナベルを飲んだことのある方どうでしたか?

補足申し訳ありませんが、多嚢胞のことをあまりご存知ではないのでは?ルナベルだけでニキビが改善されるとも言われていませんよ。

閲覧数:
633
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

h.jさん

編集あり2012/10/120:49:59

ニキビが、ルナベルで、よくなると、説明されたのでしょうか? そんなことはありませんよ。
多嚢胞卵巣の場合には、ヤーズと、ダイアン35が、男性ホルモンを低下させる機能を持っていますが、他にはありません。ですから、もともと、ピルでは、多嚢胞は、改善されないものです。
何を根拠に、ピルで治療しようとされているのか、理解しかねます。そのまま飲み続けられても、結果は変わらないはずですから、別な病院へいらっしゃるか、別な先生にかかられてください。お勧めします。
<補足します>
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の、原因は、無制限に供給される女性ホルモンによる、卵巣への刺激が、原因です。卵巣で過剰に卵胞を育ててしまうのです。(もうひとつ、甲状腺に原因があることがあります)その、無制限な女性ホルモン(エストラジオール)は、どこからきているかというと、ほとんどが、皮下脂肪から供給されます。皮下脂肪に、エストラジオールが、何で発生するかというと、男性ホルモンがあると、それを脂肪とともに、蓄積してしまうからです。それが、酵素によって、エストラジオールへ変換されて、体内へ還流します。
男性ホルモンは、①多くは、副腎皮質からの、ステロイドとともに、供給されているものと、②卵巣で発生するものと、③その他の臓器から発生するものと、あります。
①は、多く、先天性です。②は、生理状態で大きく変わります。過剰に発生すると、卵巣では女性ホルモンへの変換が追いつかずに、血中に流れ出します。
したがって、男性ホルモンをコントロールすると、ニキビが減り、多嚢胞が改善されるのです。また、皮下脂肪を、強制的なダイエットで減らすと、これも、エストラジオールを減らすことができます。また、エストラジオールへの変換には、大量のコレステロールを必要としていますから、血液中のコレステロールを減らすと、これも、多嚢胞を改善する方法になります。
このため、男性ホルモンを減らすお薬を使うこと、女性ホルモンを減らすお薬を使うこと、高脂血症を改善する糖尿病治療薬を使うこと、ダイエットサプリメントを使う方法、など、比較的多様な治療の方法があります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる