ここから本文です

今日の朝日新聞の論壇で高橋源一郎が尖閣における日本の領土主張には根拠がない、...

kkp********さん

2012/9/2711:45:14

今日の朝日新聞の論壇で高橋源一郎が尖閣における日本の領土主張には根拠がない、領土問題の専門家孫崎享氏の本にも書いてある
ドイツは敗戦で自国民が住む広大な領土を失ったがそれを受け入れ

た、それに比べて敗戦国でありながらたかだか無人の島一つにこだわる日本は偏狭であると批判していますが、孫崎さんの新書にほんとにそんなことかいてあるのでしょうか?またそれは妥当な主張ですか?
孫崎さんの日本の領土問題という本は買おうかとおもっていますがまだ読んでません
ちなみに高橋源一郎は大嫌いです

閲覧数:
541
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hoi********さん

編集あり2012/9/2816:19:07

尖閣を日本領土にしたのが1895年、竹島は1905年ですから、いずれもケースも紛争国である清や大韓帝国は事実上外交権を持っていない時期でした。その時期にそれぞれの領土を編入したので必ずしも正当性があるわけではない、ってことだと思います。
ただ、竹島はさておき、尖閣については中国や台湾が領土主張を始めたのは1971年からであり、今さら感はあります。それまでは米国が領有していたから自国の領土とは言えなかった、という言い訳はある程度成立するかもしれませんが、沖縄返還時に米国は尖閣もセットで返還したわけですから、沖縄が独立でもしない限りは、尖閣は日本の領土で問題ないと思います。

竹島にせよ尖閣にせよ、橋下の言うように、ICJで決着を着ければいいんじゃないかと思います。(ただ、日本がICJ裁判に連敗でもしたら、その時の担当閣僚や官僚は日本に住めなくなるかもしれませんし、中韓は日本とじゃれ合うネタが一つなくなる訳ですが・・・)

質問した人からのコメント

2012/9/29 03:15:56

皆さんありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yma********さん

2012/9/2715:41:31

孫崎 亨の話を聞いていると、北方領土も、竹島も、尖閣も総て日本の領土ではないと言う事になります。あんな人間が外務省の一翼を担っていたとは、あきれ返ってしまいます。あの調子で現役時代に高い給料を取り、漁師の苦しさを知ろうともしないで外国と交渉をしていたのだから現在の領土問題が進まず後退をして来たのだと思います。どこの国家にも歴史の或る時期に於いては、貢物を届けたり、従ったりする事はあるでしょうが、日本は属国に成った事は一度も有りません。近代史においてもハッキリ証明されている通り、只今問題の島々は総て日本固有のものです。「孫崎 亨」の言い分はヤフ-で彼の名前を検索すると出てきますが、腹が立つて来るだけです・・・あいつは只のオッチョコチョイのおしゃべりオヤジです!!!本など買わずに立ち読みで充分!!

高橋源一郎ですか?・・・左巻きの知ったか振りのオヤジ!!あれも、結構な自虐バカです!!今日は、変な奴2人の名前を聞いてしまいました。

jsu********さん

2012/9/2713:08:21

孫崎さんですか……。
あの人は中国の工作員だとしても不思議じゃないというか、むしろ工作員じゃなかったらそっちの方が驚きというレベルの人なので、あんまり主張を吟味する意味は無いように思えます。

彼の本は読んでいませんが、以前にニュースで

>中国の歴史から見ると「すでに14世紀にはその軍事力が尖閣諸島一帯に及んでいたという史実がある」と主張、

とか書かれてましたので、その延長線上じゃないですかね。
参考)http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0716&f=politics_0716_...


ちなみに昔がどうであれ、現在の領土は国際法によって決定されますので、SF条約を否定しないと何の意味もありませんが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる