ここから本文です

違法ダウンロードってどうやってばれるのですか?

アバター

ID非公開さん

2012/9/2921:45:46

違法ダウンロードってどうやってばれるのですか?

10月から法律が変わってユーチューブの音楽をダウンロードするのに刑事罰が適用されますが
これはどういう仕組みでばれるのでしょうか?

例えば、ユーチューブを見るだけなら違法ではないですがそれをダウンロードソフトを使ってダウンロード
したとしたら警察にばれるのですか?
またダウンロードソフトを使う以外に、そのアドレスをはりつけてMP3に変換するというサイトがありますが
これの場合は、そのサイトにアクセスしたという事実でばれるのでしょうか?
でも正直、そういったサイトはたくさんあると思いますし、その全てを警察が把握しているわけもないでしょうし。

最近もファイル共有ソフトを使ってアップロードしていた人が逮捕されてるニュースがありましたが、結局10月に
なってもほとんどが共有ソフトを使ってダウンロードしている(同時にアップロードもしている)人が逮捕の対象に
なるのであって、ユーチューブからダウンロードしている人やアップロードはせずにダウンロードのみする人
(アップローダーからダウンロードする人)に関しては、ほぼばれないのではないでしょうか?

あと、今回の法律改正は漫画は対象外ですよね?来月以降も漫画に関してはダウンロードのみする場合には
刑事罰対象にはならないのでしょうか?

閲覧数:
51,698
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aue********さん

編集あり2012/9/3018:16:57

多くの動画サイトが『ストリーミング』という仕組みであるのに対して、Youtube、ニコニコ動画などは、『キャッシュ』というものを作成しながら再生しています。これは動画の読み込み再生速度を向上させるためにPCのフォルダの中に作成される一時的なファイルで・・・・・・簡単にいいますと、youtubeの動画を見るといったんPC上にそのファイルをダウンロードしているということなのです。ですが、これは複製のうちに入るためにこれが違法になるのかそうでないのかということで物議が醸されてきました。最終的な公見解では、『キャッシュの作成』は違法ではなく、処罰の対象外ということになりました。つまり、動画サイトを視聴するだけでは逮捕されないということです。

さて本題です。違法ダウンロードがどのようにしてばれるのかということです。PCには、それぞれIPアドレスというネットワーク上の固有番号がつけられています。これを特定することができれば、そのユーザーがいつ何時にどんなサイトにアクセスをしてどんなアクションを行ったかなど、そのようなことを調査することは『理論上』可能です。
Youtubeのダウンロードに関してですが、例えばURLを貼り付けてダウンロードする形のサイトであれば、上記のような調査で特定されることは『理論上』十分にあり得ると思います。ツールに関しても同じです。
なお、グレーゾーンというか、特定されるかどうかは少し疑問なのは、『キャッシュ移動』という手法でダウンロードを行う場合です。要は、キャッシュを保存しているフォルダからその動画データを引っ張ってくる場合なのですが(実際ダウンロードツールの中にはこの仕組みを用いているものも多い。ツールを使わなくても可能)、これの場合は特定のPCを内部を調べられない場合特定することは非常に難しいと思います。キャッシュを合法化している状況をかんがみると、特定するにはYoutubeを視聴しているすべてのユーザーのPCを片っ端から虱潰しに調べてキャッシュ移動を行っていないかを調べなければならないので・・・結論を言うと、はっきり言って、バレるわけがないのではないでしょうか。
(なお、↑の行為は『違法』です。ばれなくても処罰の対象行為であることは違いないです。)


Youtubeのアップロード者が逮捕されないということに関してですが、そんなことはありません。逮捕されている人もいます。ただ、よほど悪質でない場合は、サイト側から動画の削除、アカウントの停止などの手段を用いてまずは警告します。それでもやめない人に関しては法的手段で持って対応している場合も多いらしいです。そしてこれからは、これがダウンロード者に対しても適用されるということです。悪質な場合、調査方法だっていくらでも準備していると思います。

ただし、『親告罪』であることにも注意しなければなりません。簡単に言えば、レコード団体などが被害届を出し、それが受理されることで初めて捜査を行うことができます。警察の独断で『おそらくあいつは違法ダウンロードをしているだろう』などといって操作をすることはできないのです。また、レコード団体に関しても、『この動画が違法ダウンロードされている』などという抽象的な理由で被害届を出すこともできません。『この動画がいついつだれがどんなふうにダウンロードした』というような具体的なものでないとならないそうです。ですが、見せしめで逮捕されることもあり得る(むしろこうなる)ので、ここまでの話題になっているのです。


漫画に関しては『今回は』対象外です。あくまで「録画・録音」などの行為が違法であるということなので、テキストや画像などは対象物でないことは公式に発表されています。

ですが、それを知ったところでいったいどうするのですか?そもそも違法なのは違法なのですから、やるつもりがないのなら敢えてこの場で聞く必要はないのではないですか?

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2012/9/3005:03:41

漫画は大丈夫だとおもいますが
トレントでのダウンロードは控えるべきです アップロードも行いますので

プロバイダ監視でもしてるのではないのですかね

off********さん

2012/9/2922:28:44

漫画は対象外・・・

一応いっておきますが、ダウンロード禁止法(仮)は親告罪の範囲(提訴されない限り進展しない)ですからね。

アップロード者だけには、警察は著作者などの提訴がなくても逮捕できるという特権があります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる