ここから本文です

電気なし冷房は家庭用のも作られそうですか? 水蒸気吸着材「AQSOA(アクソ...

rog********さん

2012/10/120:39:36

電気なし冷房は家庭用のも作られそうですか?
水蒸気吸着材「AQSOA(アクソア)」を使います。

アクソア?

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120929/biz12092912000013-n1.h...

【すごいぞ!ニッポンのキーテク】
電気なし冷房 水蒸気吸着剤の働き
2012.9.29 12:00 (1/3ページ)[すごいぞ!ニッポンのキーテク]



国内原発の稼働停止による電力不足を受けて、電気を使わない冷房や空調技術に注目が集まっている。三菱樹脂が開発した水蒸気吸着材「AQSOA(アクソア)」を使った冷却システムもその1つだ。


アクソアはゼオライト系機能性吸着材で、結晶中に非情に細かい穴が空いており、その穴に水分を吸着させることで、周囲を乾燥させる働きを持つ。シリカゲルなどの従来の吸着材に比べ、低温で水分を放出する特性を持つ。太陽熱や工場排熱、自動車の排気など50~80度の排気の多くが利用されないまま、大気に放出されており、これらの熱の再利用にもつながりそうだ。


従来の吸着材は、水分を放出するために100度以上の熱を加える必要があったが、アクソアは結晶の構造を均一にすることで60~80度の熱で放出できるようになった。


アクソアが水分を吸着しようと蒸発させた際の気化熱で5~15度の冷水を作ることができ、工場などの排熱で吸着した水蒸気を水として放出させて循環させることで冷房設備として機能することになる。


また、水分の吸着、放出を制御することで加湿、除湿などの空調としても活用することができる。この空調システムは、温度を一定に保ったまま、湿度だけをコントロールできる。このため、将来的にはオフィスなどへの用途拡大を目指している。


三菱樹脂は、アクソアを使用した熱交換器や空調機の部材を手がけており、商業施設や学校、工場など、すでに国内外で多くの納入実績を持つ。平塚工場(神奈川県平塚市)内の研究設備の一角に、アクソアを使った空調を体感できるスペースも開設している。

一方、海外向けでは、ドイツの冷凍機メーカーのインベンゾーにアクソア熱交換器が採用された。データセンターなどに約100台の冷凍機が納入されている。また、ドイツの大手ボイラーメーカーとも本格採用に向けた交渉を進めており、海外で受注の動きが広がりそうだ。


需要増を見越して、アクソアの生産設備の増強を検討。2015年度までに新規設備を導入する方針を固めているほか、現在は年150万トンの生産能力を持つ直江津工場(新潟県上越市)がフル稼働しており、年内に増産計画をとりまとめる予定だ。コージェネレーション(熱電併給)システムを組み合わせた新システムの開発

閲覧数:
1,114
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

tac********さん

2012/10/206:53:40

50度以上の排熱が必要です、
一般家庭ではそんな排熱は無いでしょ。
(料理とか風呂沸かしで排熱は出ますが、その程度では使い物に成りません。)

エコジョーズとか言うガスで発電する装置では、
発電効率が悪い反面排熱でお湯を沸かしています。
冬ならお湯の需要は有りますが、夏にはそんなに要りません。
従ってエコジョーズと組み合わせれば丁度良くなるかも知れません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる