ここから本文です

日本政府は次期主力戦闘機F35Aを受け取る予定ですよね?

gro********さん

2012/10/323:23:51

日本政府は次期主力戦闘機F35Aを受け取る予定ですよね?

さすがにラプターには劣るでしょうが、それ以外の戦闘機の中では最も優秀なのでしょうか?

閲覧数:
361
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

izu********さん

編集あり2012/10/411:07:14

現行の新鋭機、現在開発中の新型機の中でもトップクラスですね。


ステルス性能、レーダー、光学センサー、コクピット、それらによる状況認識性能は世界一でしょう。


速度性能と運動性能も平均以上。


汎用性能はステルス機としては高性能です。


速度性能と運動性能ではF-22ラプターに劣りますが、それ以外では22をも凌駕します。


状況次第では35は22に勝てるかもしれません。


ただし、言うまでも無く35は開発中です。あくまでも予定の性能が得られれば、の話。


22の他に35に匹敵する機種は、やはり開発中のロシアのT-50ではないでしょうか。こちらも完成が遅れています。


35の開発状況から見ると、予定性能は得られるでしょうね。ヘルメット搭載ディスプレイの開発が難航していますが、これは性能を落とした簡易タイプでとりあえずは代用し、正規のものの開発を進める方針です。致命的な問題にはならないかと。


35の問題は、とにかく「開発の遅れ」です。ソフトウェア、上記のヘルメット搭載ディスプレイ、あとは海兵隊型のB、海軍型のCの開発が遅れています。


遅れる=低性能、と決めつける人がいますが、開発の遅れと性能とは別の問題です。


ただ、戦闘機とは始めから「完成版」が誕生するものではありません。最初はやや低性能版が、その後開発が進むにつれて徐々に高性能版が登場し、最後に最高性能の完成版が生産されるものです。これは、F-22、タイフーン、ラファールなど現行機種にも当てはまること。タイフーンなどは、空対空戦闘性能しかない型を配備している国もあります。その後にそれを改修し、高性能化します。


35も、早くに導入する米、日、豪、英などは、最初は低性能版から入手することになります。


日本には16年度末までに低性能版、いわゆる低率機が4機納入される予定。最初の数年はそれを使い研究や訓練を行います。おそらく、19年度あたりから実用機が手に入るでしょう。



↓こちらに35の性能を解説しました。ご一読ください。

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n26029

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nan********さん

2012/10/423:30:37

確かに空戦能力においてはF-22には遠く及びません。
それは当然のことで、そもそもの開発目的とそこから導き出される要求仕様が全く異なるためです。


F-22はF-15の後継としてあらゆる状況であらゆる敵機に打ち勝つための空戦に特化した機体として開発されています。
対してF-35はF-16、F/A-18A~D、AV-8BハリアーⅡ、A-10などをまとめて更新するために開発された戦闘攻撃機としての性格が強い機体です。

だからと言ってF-35は機動性が低く空戦能力が不足しているというわけではありません。


航空自衛隊の候補となっているF-35Aについて考えてみます。

F-35は機体寸法ではF-16に近いですが、翼面積はF-35の方が非常に大きく、F-16が約27.9㎡なのに対しF-35では約42.7㎡もあります。
これにより大きな揚力を生み出し、低速度域でも十分な機動性をもたらします。

主翼後縁には面積の大きなフラッペロンが取り付けられていて、主翼前縁はほぼ全翼幅にわたってフラップがあります。
前縁のフラップは機動飛行時には空戦フラップとして作動し、格闘戦能力を高めています。

エンジンはF135-PW-100の単発ですが、アフターバーナー推力が191knもある大推力の物で、F-16の最新型が搭載しているF110-GE-132の144knより遥かにパワーがあり、ユーロファイターの搭載するEJ200 2基の合計より大きな推力を発揮します。


これらから分かるように、機体重量が重いために運動性抜群とまでは行きませんが、F-35はF-16やF/A-18と同等の十分な機動性を持っているといえます。

仮に格闘戦になっても、AIM-9Xを始めとして、ASRAAM、IRIS-Tなどの高機動短射程ミサイルを運用できますし、HMD(ヘルメットマウンテッドディスプレイ)との組み合わせで、真横の敵とも交戦できる高いオフボアサイト攻撃能力を持っています。

F-35のHMDは最新の物で、他の機種が搭載しているHMDがHUD(ヘッドアップディスプレイ)の補助的な役割なのに対し、F-35のHMDはHUDの機能を全て備えています。

このため、F-35にHUDは無く、パイロットはどんな方向を向いていても必要な飛行情報を常に確認できます。


これらを総合すると、F-35はたとえ目視内での戦闘になってもほとんどの戦闘機に対抗できる十分な空戦能力を備えていると言えます。




F-35は、EOTSやEODASなどと呼ばれる光学センサーによりレーダーの様に電波を発することなく周囲の監視を行えます。
また、各種センサーから得た情報を最適なものに融合してコクピット及びHMD(ヘルメットマウンテッドディスプレイ)に表示させるセンサーフュージョン能力を有し、コクピットなども開発時期が新しいためF-22より上です。

ステルス性と、高度に統合化された電子システムがパイロットへ与える状況認識能力とそれによって得られる高い生存性こそがF-35の真価です。


これらの機器によるセンサーフュージョンは空対地攻撃任務で真価を発揮するものです。
複数目標に対する同時攻撃やトラッキングを行いながら、同時に地対空・空対空の自機に向けられている脅威を常に監視し続ける事が可能です。

このような複雑な状況下では従来なら複座機が必要でしたが、F-35ではセンサーフュージョンとHMD(ヘルメットマウンテッドディスプレイ)によるパイロットの認識能力向上により1人でも対処できるようになっています。


また、F-22より大きく優れる点は、主翼下に6箇所のハードポイントがあり、大量の兵装を機外搭載できることです。

これはステルス性が必要な時はウエポンベイのみとし、ステルス性が不要な場合ならば既存機のように大量の兵装を運用できるという、ステルス機と既存機の両方の能力を兼ね備えていることを意味しています。

F-35Aの搭載能力は約8トンで、F-16と同等の搭載能力があるということになります。



以上のようにF-35はステルス性に頼るのみでなく様々な能力を有し、空戦能力でも現用機に引けを取りません。

以下のサイトを参考にされるとより分かりやすいと思います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/F-35_(%E6%88%A6%E9%97%98%E6%A9%9F)

http://eaglet.skr.jp/MILITARY/F-35.htm

http://www.f5.dion.ne.jp/~mirage/message00/ss001.htm

cas********さん

編集あり2012/10/402:54:05

第5世代と言われている戦闘機ですよ。F-22Aは輸出を前提に開発をされていませんでしたから、最初から輸出を望むというほうが無理があったと思います。F-35Aの一部のアビオニクスはF-22Aも凌駕をしています。E-767やE-2Cや海自の自衛艦などとのネットワーク化が進めば、相当な戦力になるはずです。F-22Aは対地攻撃能力は、JDAMやSDBによる攻撃しかできませんが、F-35Aは一部の大型爆弾を除けば、米空軍の戦闘機が装備するほぼ全ての対地、対艦ミサイルや爆弾が装備が可能です。機内ウェウポンベイの兵器の搭載量は少ないですが、段階的に能力を上げていく中で搭載量も増やしていく予定だそうです。空対空ミサイルなら最終的には最大12発が機内ウェポンベイに搭載が可能になるようですね。また、初期型でも機内ウェポンベイに拘らなければ、主翼下に普通に兵装を装備可能です。片翼にハードポイントが3箇所ずつです。最終的には、兵装搭載量はF-22Aを凌駕する事になります。あと、最初からHUDは装備されず、HMDだけとなります。
F-X最終候補のうち、KC-767Jのフライングブーム方式の空中給油に対応していたのが、F-35Aのみであり、F/A-18E/Fやタイフーンはプローブ&ドローグ方式の空中給油で、KC-767Jをそれ対応に改造する必要性がありました。もっとも、空自はプローブ&ドローグ方式のみに対応したKC-130HをC-130Hから改造して保有はしていますが。やはり、KC-767Jを対応させる改造は必要で、余計な費用がかかる事になりました。KC-130Hは給油プローブを装備したUH-60Jに空中給油する為の物ですね。
ロシアがT-50PAK-FAを近い将来装備をしSu-35Sも配備を始める。中国もコピーフランカーやJ-10、J-20の装備を進めたりしていますよね。そういった中、F-35Aの装備は必然的に遅かれ早かれ必要だったと思います。韓国もいずれ装備をするでしょうからね。
なお↓の意味不明な事を書いている人物は、10回以上ライフを没収になっている人物と同一だと思われますので、適切な対応を。

↓がフライングブーム方式によるKC-10からF-35Aへの空中給油シーン。

第5世代と言われている戦闘機ですよ。F-22Aは輸出を前提に開発をされていませんでしたから、最初から輸出を望むとい...

och********さん

2012/10/323:30:20

あほか?おまえは。
報道ステーションを、みてへんのか?われ。
すでに、ステルス戦闘機を、
3機、納入予約済みや。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる