ここから本文です

江戸時代以前の剣豪や忍者の身体能力 現代のトップアスリートと比べて優れてい...

uts********さん

2012/10/422:38:25

江戸時代以前の剣豪や忍者の身体能力

現代のトップアスリートと比べて優れているのか? 劣っているのか?

どう思いますか?

閲覧数:
10,361
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sir********さん

2012/10/517:24:50

優れている部分もあれば、という感じでしょう。
とりあえず、スタミナと筋力に関しては昔の人々は異常です。

当時の飛脚たちの中で、さらに走るのが達者な人たちを「早道」と言っていましたが、宮本武蔵が書いた五輪書の中で「早道は1日で40~50里(160~200km)ほども走る」と書かれています。

同じく、日本に来た小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が、その飛脚たちの体力に驚愕。
「どんな食い物を食ってるんだ」と見せてもらったら、握り飯が2つと漬物が数枚程度だと知りさらに驚愕。
そこで「よし、力を出すには肉だろ」と思い、その飛脚に試しに肉を食わせて走らせたら、胃もたれして全く走れなかった。
小泉八雲は「日本人の食事は完成されている」と悟った…。

といった記録がありますので、おそらく事実です。

大体、現代人とは比較することが馬鹿らしいほど昔の人々は身体をよく使いました。
メールや電話もないし、車もチャリンコもないし、普通に生活すること自体がトレーニングでした。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

auc********さん

編集あり2012/10/515:45:39

剣豪や忍者は自分の特技がお金になることを知っており、それを買ってもらうために努力したと思います。剣豪の勇気や忍者の夜間視能はとびぬけて高いでしょうね。生活のためですね。勇気は評価しなくて良いですか。
アスリートの目標は自己実現であって、100mを10秒ぎりぎりで走れる人は9秒台で走れるように努力するでしょう。目標との微差の克服です。だけど遠くの煙を見たとき、それがのろしなのか火事なのか、たぶん判断できません。
十分な記録のない剣豪や忍者という集団からサンプルを選ぶのが難しく、教育も違うトップアスリートという個人と、どうやって比較するのかという疑問がでますね。北島選手をフル武装して泳がせたら、コロッケで栄養つけても、壇の浦の平家みたいにたぶん沈んじゃうし。

プロフィール画像

カテゴリマスター

nag********さん

2012/10/422:46:13

江戸時代以前?
その時代の人間は現代より劣っていますね。

食べ物も家畜が食べるような質素なものですし、
筋肉を付く食べ物じゃない。

剣豪はともかく忍者なんて
存在自体が泥棒みたいなもんやで。

ただ昔の人は集中力は高そうかな。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる