ここから本文です

血管の太さって何で決まるんだろう? 採血や献血のたびに血管が細くて探しにくい...

asf********さん

2012/10/917:20:09

血管の太さって何で決まるんだろう?
採血や献血のたびに血管が細くて探しにくいみたいなことを言われてしまう
血管が細いせいで血が上手くとれず途中で止めになってしまうこともある
なんとか太く出来ないかなと思います。

閲覧数:
1,283
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fel********さん

2012/10/917:31:00

はい、献血で使用される針は血液成分を壊さないように一番太い17G(ゲージ)を使用していますこれ以上の太さがない血管に刺しますと思わぬ事故につながり危険です血管の太さは、その日の体調、気候、食事内容などに影響され太くなったり細くなったりしています以前は献血可能だったのに今日は血管が細くて不可能ということもあります。
以下は献血サイトからコピペしました参考になさってください。
■「血管が細くてできないと言われましたが、前はできたのに」


1、飲食の影響
人間の身体は、日々刻々違っています。例えば、朝起きてすぐは、何時間も水分をとっていないので、軽い脱水状態になっています。ですので、血管もぺたんと張りがない状態になります。同様に、外出していたので、あんまり水分がとれなかった日の血管は細くなっています。

また食事をとると、食物はエネルギーをだす段階で、水をだします。(植物が光合成をして光のエネルギーをでんぷんという物質に蓄える時は、水が必要だったのを覚えていらっしゃいますでしょうか?)ですから食事をとっていれば、水分も自然に補給されています。食事をとっていない時は、意識して水分をとる必要があります。

2、季節による変動

季節でも違います。一般に寒いときは、血管を流れる暖かい血液の熱を逃がさないために、血管は細くなります。 暑いときは、熱を放出する為に、太くなります。 季節の変わり目は、その途中で 自律神経が調節に疲れている時なので、さらに難しい傾向があります。

その日によって 血管の状態は誰でも違いますので、前はできたのに、今日はできないということがあります。

3、血管が細いとどうしてできないの?

献血の時に使う針は、検査の時と違って、太いです。血液を固まらせずにある程度の量を安全に頂くために必要なことなのです。腎臓の透析の時も同様な太さの針が使われています。単純には、血管の太さは、針の太さ以上が必要です。太さ、細さだけでなく、血管を流れている血流の状態を血管の張りなどで判断させて頂いています。血管の状態が悪いときに、無理をして針をさすと、神経損傷、動脈穿刺、など思わぬ事故(副作用)に繋がりますので、献血はできません。せっかくのお気持ちですけれど、ご理解くださいね。
と記載されていました。
下記は山形の献血ルームで看護師さんをなさっている人のブログです、献血針と検査針と爪楊枝(太さの比較のために)の写真がアップされています。
http://www.yamagata.bc.jrc.or.jp/blog/entry/090528/000157.php

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tar********さん

2012/10/917:35:34

持って生まれたもので
骨の太さと同じで、どうにもなりません

強いて言えば、低血圧なら上が110位にすれば多少太く出来ます

血管内に中性脂肪やコレステロ-ルで細そくなっていれば
改善する事により、採血出来やすくなります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる